car

Peugeot 508

car

Peugeot 508試乗してみた。かなりイイ。 ボディはフランス共和国の特産物5ドアハッチバック。のはずが、いまやシトロエンもルノーもやめちゃって、気づいたらフォルクスワーゲン・アルテオンやアウディA5などドイツ勢のほうがこの形状で出すようになってしま…

C5X7ウインドスクリーンのキズ

car

昨年秋に応急修理したウインドスクリーンのキズが、今朝みたら広がっちゃってた… 応急処置だったからこうなるのはわかってた、仕方ない。 ざっと調べたら15万コースぽいな。

ウインドシールドのデント修理

car

気づいたら、C5 (C5X7) のウインドスクリーン (フロントスクリーン) に飛び石キズが付いてしまっていた。いわゆるデントだ。 これは切ない。このまま放っておくと、寒暖の営みに従って次第にじわじわと傷が広がり、走行中にバーン! と割れて事故につながるの…

シトロエン仙台〜タイヤ&ホイール館フジ〜水車生そば

数日前から、コンソールに「エンジンオイルの量が足りないゾ」と警告が出ている。サスペンションオイルならまだしも、エンジンオイルにはそんなに神経質なほうではないが、たった1600ccにDOHC, 可変バルタイ, ターボ加給とメカニズムを詰め込んでいるエンジ…

グランド・ツアー シーズン2

「トップ・ギア」の事実上の後継、「グランド・ツアー」のシーズン2のエピソードが揃ってきた。 シーズン1は、まだ試行錯誤や空振り感がかすかにあったが、このシーズン2からは、来場したゲストも無事に死ぬことなくステージに登場し、ジェレミー・クラーク…

至高の中二カー、2代めシトロエンC5。またハイドロに戻りました。

car

というわけで、7月からふたたびシトロエンC5に戻りました。前の前に乗っていた初代C5からは2台め、世代としては2代めです。C5の2代めを区別して呼ぶとき、その筋では、形式を含めてC5X7と言います。86のトレノとか92のレビンみたいなものです。 2代めC5が発…

ありがとう、さよならLaguna II

car

2017/7/16日曜に、3年間楽しんだRenault Laguna IIを下取りに出しました。 下取りといっても、買い換えるディーラーのご厚意で、赤字にはならない、という感じです。こんなもんでしょう。 性能 2.9L V6の割に案外軽快に振り回せる。結構いいハンドリング。電…

Renault Laguna IIに関連した記事の一覧

car

2014/7から2017/7まで3年間愛用したRenault Laguna II関連の記事。

Lagunaのバッテリーを交換する

car

Lagunaに乗って旅行に行った息子さんが、宿泊先でバッテリーを上げてしまった。 バッテリー上がり自体は、任意保険の付帯サービスで、サポートスタッフに現地でジャンプスタートしてもらい解決し無事帰ってきたが、一度上がったバッテリーを引き続き運用する…

ルノー・ルーテシアIV

car

ラグナIIを点検に出す代車として、現行ルーテシア (Clio IV) 借りてきた。 GTグレードなので、シートはややバケット形状。 魔法のふかふかみたいなUXではまったくないが、スタッドレスを履いているにもかかわらず良い感じの直進性と、それなりにクイクイ行く…

Renault Twingoに乗ってきた

car

運悪く、土曜の夜に、Laguna IIの点火系が調子悪くなってしまった。日曜にルノー練馬に預ける。 あした月曜はバーゲンで服を買いに行こうと、奥さんと娘さんと話をしていた。どうしようかな。と思いきや、運良く、ご近所にAnycaでTwingoを提供してるかたが現…

Renault Laguna IIのフロントドアスピーカーを交換する

car

夏ぐらいから、右フロントドアの内蔵スピーカーが音割れするようになってきた。 開けてみると、コーン紙がちぎれかけている。しばらくはティッシュを詰め込んで共振を抑えてごまかしていたが、なんかもうダメ。 はてどうするか。まずはお約束、eBayで探して…

伊豆に音楽仲間で押しかける

今年も伊豆の梅澤邸にみんなでおしかける。釣りしたり寿司くったり。夜は延々とプログレロック話やシンセ話やそういったあれこれ。もう二十数年続いてるね。 知らないうちにBoxsterがEliseに変わってたので、近くのお山を運転させてもらう。深く狭いフレーム…

AnycaでLand Rover Defenderを借りる

car

前回はAnycaでCitroen BXを借りたのだが、さらにもう一台、何か面白いの借りたいな… と見繕っていた。アプリで地域やメーカーであれこれ絞り、候補をみるのも楽しいもの。そんななか、ガッツリしたランドローバーが、野趣あってたのしそう! と借りてみた。 …

Citroën M35がFrench Blue Meeting 2015にいた

car

今回French Blue Meeting 2015に行って、いちばんすごかったのが、これ。 シトロエン・M35 - Wikipedia シトロエンの、ロータリーエンジン試作車。 497.5ccの1ローター。エンジンは、世界初のロータリーエンジン量産車であるRo80を作ったNSUとの合弁会社で製…

French Blue Meeting 2015に生まれてはじめて行った

車山のFrench Blue Meeting 2015に行ってきた。日本最大の、年に一度のフランス車のお祭り、いわゆるFBMだ。 1988年に21歳で免許を取り、最初のクルマRenault 5 TSに乗ってから、途中ブランクはあれどフランス車に乗り続けて四半世紀。というか、小中高とフ…

AnycaでBXを借りる

car

DeNAさんがAnycaという、一般人どうしで車の貸し借りを行える新規サービスを始めていた。新規事業はなんでもいちおう見てみるのだけれど、どれどれどんなもんかな… と見てみたら、借りられる車にDSだのBXだのアレだのコレだの、結構エンスーな品揃えじゃない…

オカムラ いすの博物館に寄る

car

YAPC::Asia Tokyo 2015の中日に向かう途中の赤坂で。 赤坂はやっぱりトウキョウの真ん中だけあって。赤いフェラーリが並んでいる外車屋さんなんてそこら中にあるけれど、世界に3台しかない288GTOエヴォルツィオーネがしれっとウインドウの中に置いてあって唸…

Dension Gateway Lite 3をRenault Laguna IIに装着する

いま乗っている車のオーディオ設備は、FM/AMラジオと、1枚刺しCDプレイヤーのみだ。AUX端子もBluetooth対応もない。つまり、iPhoneなりからの任意の音楽を聴くことができない。 ちなみに、FMコンバーターは、ろくな音質のものに出会ったことがないので、もう…

ルノー練馬でLaguna IIのATを診てもらう

car

谷原のルノー練馬に行って、LagunaのATを診てもらう。diagをかけていただきつつ、のんびり待つ。 ここは10年まえはプリンス店だったところ。なんとなく元プリンス店というと、メカニックの腕前とかが一味違うようなプラスの印象がある。さすがにスタッフ的に…

Renault Laguna IIが届いた

car

Renault Laguna IIがきました。形式でいうとGH-GL7X 初代ラグナはボンネットの鼻先が虚空へと降りていて、クセの濃い顔つきがフランス車っぽくて好きでしたが、ラグナIIはメタルっぽいガーニッシュで補っていて、一見普通で地味です。とはいえ、よくみるとじ…

さよならC5

car

かれこれ10年乗ってきたC5も、きょうでお別れ。 これは数日前に千鳥ヶ淵で撮った写真。 フロントマスクのダブルシェブロンも年を感じる リアのバンパーのひび割れも。 そのリアバンパーには、新西武のステッカーをはがさずに残してあります。最後の最後の「…

おなじ名字のBXのひと

car

昨日はさらにシトロエンC5の調子が悪くなり、直進・左折・右折・徐行・停止・発進すべてに難儀するしまつ。何かのたびにエンジンが止まる。ハンドルも止まる。ブレーキも利かない。交通を妨げる。爆音を立てる。運転士のメンタル状態は、一輪車に乗れるよう…

Citroën C1に遭遇する

car

石神井郵便局にいたCitroen C1 さすがに現物みるのははじめて! かわいい。音は昔の軽自動車みたいな感じだった。

Citroën C5でCatalytic Converter Fault, Antipollution Faultが出る

car

これはもうだめかもわからんね

Renault 25のカタログ

car

JAXがルノーの日本国内代理店をやっていたころの、Renault 25 (Vingt Cinq, ヴァンサンク) のカタログ。マイナーチェンジでグリルがノッペリした直後のもの。 フランス国の特産物である、5ドアハッチバックなのにフォーマルなセダン。 大統領も乗るプレステ…

Renault 21のカタログ

car

こちらも、JAXがルノーの日本代理店だったころの21 (Vingt et Un, ヴァン・テ・アン) のカタログ。これは2リッターターボのGTだ。いかにも「ドッカンターボ」な味付けだったようだ。 僕がルノーに乗り出した1988年ごろは、テレビではセナのホンダとルノーがF…

Dodge Charger TVCF (2010 Super Bowl Commercial)

car

アメリカのSuper Bowlというと、全米で最も視聴率が高まるアメフトのスポーツ中継。 ここで流されるTVコマーシャル枠も世界一高価なことで知られている。TVCFにとっては最高の晴れ舞台だ。アップルの、かのMacintoshのティーザー広告「1984」が流れたのもこ…

アメリカで運転するときのDO/DON'T

久しぶりにUSで車を運転して、思い出したこといくつか。オープンにまとめとくと何かの折に便利なので。 やりましょう 自信なかったら人の車についていこう アメリカの交通は、そもそも日本やイギリス連邦と逆の右側通行です。いきなり反対車線をぐいぐい走り…

VolksWagen Golf Ad: Single, Married, Divorced

car

VolksWagenの広告というものは、昔から優れたアイディアと、センスあるシンプルさでcanonicalなのだが、いちばんイカしていると思ったもの。ちょっとしたことで思い出した。 僕の記憶にあるのは、南米かどこかの新聞広告一面ぶちぬきで、上からGolfの3ドア, …