Mr.ノーバディ

実は戦闘能力すごかった男がロシアンマフィアを皆殺し、って、 ほぼ「アメリカンなろう系」量産テンプレと化してる気がしてきた。 Mr.ノーバディ (吹替版)ボブ・オデンカークAmazon

ゲルハルト・リヒター展

art

東京国立近代美術館のゲルハルト・リヒター展いってきた。 久しぶりに秋葉原のラホールに寄ってから。 グレイ (樹皮) グレイの縞模様 9月 現代芸術にまじめなドイツ人。 a-ha the Movieのときも感じたが、あと、ひとひらの色気と狂気が加わっていたら、さら…

高尾山 (3)

ついこないだ来たばっかりだけど、今度は稲荷山コースから。 稲荷山コースからだと、ここから山頂につくのね。 帰り道は4号路。 途中の吊り橋がむっちゃ素敵だった。 そのあと、またリフトで降りる。 その後は599 MUSEUMでヨガ。 さて、お昼だ。 リフト・ケ…

a-ha the Movie

80年代ニューウェーブと いわゆるポップと いわゆるロックの その中のどこにいればいいのか着地すればいいのか すっごく真面目に35年間やってきているんだな、 音楽性でちょいちょい喧嘩してしまうぐらい真面目で良い人たちなんだな、 ということはとても伝…

シルミド/SILMIDO

まー、先遣隊とか切り込み隊長ぽいことをしてると、いつしか友軍や正規軍に背中から撃たれるのはあるあるだよねー シルミド(字幕版)ソル・ギョングAmazon

CLIMAX クライマックス

さすがギャスパー・ノエ 安定の胸糞表現・胸糞展開 CLIMAX クライマックス(字幕版)ソフィア・ブテラAmazon

Pepper Jobsタブレットスタンド

以前、13インチのモバイルモニター、要するに薄い液晶ディスプレイを買ったのだが、 iPad純正カバーのように立てることはできるのだけど、角度調整などの自由度がイマイチなのが不満だった。 モバイルモニター/Vecele 13.3インチ/ モバイルディスプレイ/sRGB…

トップガン マーヴェリック

想定をはるかに超えて面白かった! 結局、通常の字幕上映と、IMAX字幕上映の2回観た。 オリジナルの「トップガン」は割とスカスカな映画という印象があり、カッコイイ男と、強いけどまぁステレオタイプな女、迫力満点だけど迫力しかないプロモビデオのような…

三頭山 (3)

自宅を発掘したら、むかしのいろんなギアが出てきた。 また三頭山へ。 今回は、檜原都民の森から森林セラピーロードを通って、三頭大滝からさらに三頭山を目指し…… というところ、前日の睡眠不足ですこしふらふらしてしまったので、石山の路に少しわけいった…

日米友好祭 横田基地フレンドシップフェスティバル2022

たまたま横田ABで https://www.yokota.af.mil/Friendship-Festival/ やるのを知って、行ってみた。 この手の航空祭ぽいものに行くのは、 米軍関係だと1980ごろの厚木オープンハウス (まだマーキングが派手だったころのF-4Jとか 岩国からきた海兵隊AV-8Aが空…

三頭山 (2)

15年ぶりに三頭山に行った。 途中に、工事中の浮き橋があって趣深い。 都民の森に車をとめてアプローチ。 森林館まではいったん急な舗装道路や階段をがまんして登って、 そこからはかなり平坦な森林セラピーロードを歩く。とても気持ちがよい。 滝見橋から三…

シン・ウルトラマン

映画館公開2日めに鑑賞。 ウルトラマンやいわゆる特撮はほとんど興味ないのだが、イントロのウルトラQっぽいドラッギーなぐにゃぐにゃは、かっこよかったし、待ってました感があった。 以降は、うーん、安物? 類似品? 模造品? のシン・ゴジラだった。 見た目…

高尾山 (2)

朝から高尾山に登ってみる。昔の記録をみてみると、16年ぶりだ。 山登りするつもりはまったくなく当地を訪れていたのだが、泊まった宿 (タカオネ) では、宿泊者にはチェックアウト後でもシューズとか貸してくれるので、ありがたく利用させていただいた。 高…

昭和時代の自動車のカタログ

car

家の掃除をしていたら、古文書の金脈がでてきて、やばい。 なかなかクルマずきだった父が中心に集めていたカタログ類だ。 405MI16! 309GTI! 505! たまんねえ。 「プジョー猫足」とかわかったようなことを言うみなさんは、この前で1時間正座だ。 504! 現行508…

練馬区の選挙

2022.4.17に練馬区長選挙と練馬区議会議員補欠選挙があるそうだ。 令和4年4月17日執行 練馬区長選挙・練馬区議会議員補欠選挙:練馬区公式ホームページ 誰に投票するといいのか、調べてみる。 区長選挙 1名を選出する。 候補は2名だ。今回の候補者は76歳と55…

ベイビー・ドライバー

犯罪カーアクション映画ではあるんだけど、なんとも不思議にスタイリッシュ。 レオナルド・ディカプリオが出たほうのロミオ+ジュリエットとか、踊りいっぱいのインド映画とまではいかないけど、かすかにリアリティから飛び出した色彩と音とリズムの感覚。 ベ…

Sony BluetoothスピーカーSRS-XB23

リモートワークのおともに、手ごろに手元にいい音を。 また昨今、公共交通機関や人のいるところを避ける流れになり、自宅からもくもく作業をしている。 一人で部屋でもくもく作業をしていると、心地よく上向いた気分にするために、周辺を心地よく音楽で満た…

超音ジェット機

戦後直後、航空機産業がジェット機で音速に挑んでいたころの、英国版のお話。つまり映画「ライト・スタッフ」のご先祖さま。 いちおうフィクションだが、モデルは明らかにデ・ハビランド社。創業者ジェフリー・デ・ハビランドの愛息ジェフリー・デ・ハビラン…

Joplinいい感じ

なかなか良さそう。JoplinにEvernote Legacyから乗り換えてしばらく暮らしてみることにする。 背景 上の過去記事にあるとおり、Evernoteは2011年から有料コースで使い続けていたのだが、昨今の性能品質低下がしんどい。出先でスマホでメモを検索して閲覧する…

新型コロナワクチン接種証明書アプリを試してみた

デジタル庁が提供をはじめた新型コロナワクチン接種証明書アプリを試してみた。 iPhone 11でiOS版を試した。 アプリのダウンロード自体はリリース当初にしていたが、マイナンバーカードはさすがに自宅に置いてあり、最近リアル出勤など外出が多かったのでマ…

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火

T-34/85改走り回る姿よかった。 主人公は若干味あり。 ほかは脚本つなぎなどなかなか意味不明。 なんか事情あったのかね。 ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火(字幕版)アレクセイ・ヴェルトコフAmazon

ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド

思ったよりもよかったー 鬱屈なスミスファン若者たちの、スミス解散とプロムの夜に重ねたもうひと事件。ベタだけどいい感じの群像劇。 でもって、同時代の人間には視覚と聴覚で酔ってしまうほど濃密なマンチェスターの濃厚な空気と情報。物語の舞台がアメリ…

シトロエンC6

car

関西でシトロエンC6に乗ってきた。 フランス車独特の胴長短足猫背の究極系。良き。 中は彩りも開放的でひろーい。 ドイツ車的なドヤ感が皆無。 ドアミラーはむかし乗ってた初代C5 (X3)とおんなじ。ワイパーなどレバー類は、2代めC5 (X7) あたりともおなじ。…

BrewfileでmacOS環境構築を楽にする

あれやこれや仕事をしていると、使っているMacの乗り換えもなんだかんだでしばしば発生する。もう覚えていないが、2003年ごろにメインの仕事道具をMac OS Xにしてから、かれこれ十数台は乗り換えをしているだろう。M1もすでに2台めだ。 いちいち環境を構築す…

ミッドサマー

むちゃくちゃ画が美しい。 でも時たま、えらくグロい。 出演者みんな巧いけど主演も特によい。 ドラッグや不安や狂気で揺れる画の造りが絶妙にすごい。 いきなりビックリさせるような要素はなかったけど、それ以外の不安や怖さや不快の要素はみんなある。 素…

愛のコリーダ

作り手の気合い デイスラプト ロマン 変態 異常心理 よき。 平版な表情だった定がだんだん少しずつ綺麗になってくのも良かった。 愛のコリーダ藤竜也Amazon あと、クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」は、日本盤だけのこじつけとかタイアップとかじゃ…

No Time To Die

この15年間、5作のボンド役を勤めてきたダニエル・クレイグの最後の007映画。 封切延期から1年半待ってたぜ…… いい画と音で観たかったので、立川のシネマ・ツーに行ってきた。よかったぁ…… 以下ネタバレあり。 最高だったSkyfall系のヒューマンドラマ路線の…

ジェームズ・ボンドとして (Being James Bond: The Daniel Craig Story)

007映画をこの15年で5作なしとげて、ボンド役から引退したダニエル・クレイグをめぐるインタビュー形式のドキュメンタリー。No Time To Die観てきた夜にこれもみた。 初めて007映画をみたのは小学生のとき。1977年の「私を愛したスパイ」。主演はすでにロジ…

アンラッキー・セックス またはイカれたポルノ

フラグメント描写、フラストレーション、社会の暗部、歴史が抱えた矛盾、異常心理、ブラックユーモア、といったテーマはみな好きなんだけど、本作は波長が好みにまったく合わなかった。良し悪しというよりnot for meだった。 ルーマニアの市街の、西側諸国っ…

ストップ・メイキング・センス

この映画ができたのは高校生のとき。 見よう見よういつか観たいと思いつつ、40年近く経ってしまった! イントロの、ラジカセだけ持ってきて808のところとか、当時みたら相当の衝撃だっただろうなあ。やっぱり当時みてなくて惜しかった。 タイトルのパブロさん…