ターミネーター

見るのは数回めだけど、ストーリーもよいし、演技もまあまあ。低予算っぷりも味になっていてよい。

ラストのほうの、ターミネーターが焼けて金属骨格だけになってしまうところ、さらに腰から下を失ってぎくしゃくしてしまう流れは、ジェームス・キャメロン監督が、予算欠乏のなか、下手するとメカシーンが制作費がかかるため打ち切りになってしまいそうなところ、なんとか粗いコマ撮りの雑な動きでもしっくりくるように思いついた脚本上の工夫なのだそうだ。

ターミネーターターミネーターターミネーター アルティメット・コレクション