下妻物語

面白いらしいと聞いていたけど、本当になかなか面白かった。テンポよくダレないし、適宜カタルシスもちゃんとある。画も独特できれいでエンタメだ。

役者もみなうまい。日本の映画とかテレビ(とか乱暴にくくっちゃいけないと思うけど)って演出演技過剰で生理的に目を反らしてしまうことが僕は多いのだけれど、この映画の役者さんたちは、みんなテンション高くありつつも質のつまった演技をしていた。深田恭子、前からこの人はよい役者さんだなと思っていたけど、いいですね。