きょうのタトラ

ふと検索してみると、さすがインターネット (わら
タトラのサイトもいっぱいある。

旧共産圏チェコスロバキアのカルト自動車メーカーだが、いながらにして Tatraplan とか 603, 613 つー名車を見ることができる。見ているうちに、なんか興奮して胸が息が苦しくなってきた。

いわゆるフォルクスワーゲン・ビートルを設計したのはかの(初代)ポルシェ博士だが、実は共同設計者がいて名前をハンス・レドヴェンカ。

第二時世界大戦がおきて、おわって、

初代ポルシェさんはこの戦争犯罪ドイツ野郎め! とフランス政府に幽閉されて、さぁ設計しろ働け作れとリアル・デスマーチに駆り出され、ルノー 4CV を設計させられ後に病死してしまい、息子のポルシェ君が遺志を継いでポルシェ 356, 911 と、空冷リアエンジンのビートルを正常進化させていくわけだが、

鉄のカーテンのかなたチェコスロバキアでも、レドヴェンカがタトラ 77,タトラ 87,タトラ 97,タトラ 603をつくり出してゆく。すべて空冷フラット 4 または V8 をリア搭載、最終的には 4 バルブ DOHC 3.5 リッター、200km/h クラスの 613 にまで進化する。強制空冷 4 valve DOHC はポルシェにも成し得なかった到着点だ。

603 の後期型はまるで NSU Ro 80 のように美しい。

というか、草原にたたずむミグ 15 と タトラ 603 の図、で、完全に頭をノックアウトされて鼻血がとまりません。