時間泥棒 / ジェイムズ・P・ホーガン

長編が多いこの人の作品にしてはずいぶん短く、中編、いや気分的には短編といっていいぐらい。

ニューヨークのそこかしこで時間が狂いはじめる。世の中はおお騒ぎ。主人公は古くさいタイプの刑事。この時間消失現象に対して意表をつく仮説が立てられて…
明るく軽妙なお話で、科学っぽさもずいぶんとさっぱり味、非常にホーガンらしくない、カワイイ一品。 

時間泥棒 (創元SF文庫)

時間泥棒 (創元SF文庫)