The Crimson ProjeKct (Club Citta)

いやー堪能した。

http://clubcitta.co.jp/sp/cripro2013/

Crimson ProjeKct / Club Citta

Fripp先生こそいませんが、

Adrian Belewと、彼のバンドのベースのおねえさんとドラムの青年。

Tony LevinとPat Mastelotto, そして彼らStickmenのギターの人。

ドラムx2, ベース(相当)x2, ギターx2の例の冗長構成。

Vrooomのころのあの構成っぽい感じです。

フロントアクトのÄnglagårdもよかったです。

なんつか北欧プログレそのもの。屈折と哀愁の、フルートにメロトロンにギターにドラムにサックスにハモンドオルガンに、長くて変拍子。いい意味で全部おんなじ。金太郎飴。ただし金太郎飴でも、切った飴ひとつひとつが15分とか20分ぐらいあるわけですが。

ある程度予習はしていったんですが、とても「あっ、この曲はあの曲!」とかわかるには至りませんでした。

休憩はさんで、Frippertronics.. でもないや、インプロのあとに徐々に幕があき、暗闇のステージに、ひとりひとりとメンバーが浮かびあがる、

ステージ中央に、一瞬きらっと、ハゲ頭。

きゃーー、Tony Levinのおっちゃんだ! わーい

幕が開く前からのインプロはB'Boomだろうか。

Thrak

Dinosaur

Elephant Talk

Larks' Tongues In Aspic, Part 2

Neurotica

Industry

Three of a Perfect Pair

Frame By Frame

Sleepless

Vrooom

Indiscipline

ここでアンコール。

アンコール一曲めは、もう全宇宙の必然においてこれでしょ、って感じでRed

んでもってThela Hun Ginjeet

Pat Mastelottoのパワフルにして繊細なドラミング大満足。

Belewはなんだかんだ言って声量もキーも衰えておらず、相変わらずのテキトーなオッサンぽい感じが素敵。

そして隣のTonyは、クールでニコニコ、しかしベースにChapman Stickに、まさにTony Levinというプレイ。ますますファンになった。

Tony Levinのblogさっそく写真とかあがってる.

(ステージから何度かうれしそうに写真撮ってた。Tony Levinは十数年まえぐらいから、自分で撮影とかタグ打ちなレベルでずっとサイト続けてるのです)