ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

死刑反対論者の優秀な大学教授が、教え子をレイプした濡れ衣をかけられたところから転落がはじまり、そして強姦殺人犯人として皮肉なことに死刑判決を受ける。処刑を目前にした最後の三日間を彼はルポライターへのインタビューに託す。しかしどうも何かこの事件には裏があるのではないか…

社会性もあるが基本的にはサスペンス。死刑囚のケヴィン・スペイシー、ジャーナリスト役のケイト・ウインスレットなどみな演技も良い感じ。監督はアラン・パーカー
張りつめつつ淡々と進めて謎のなかに入り込んでゆく筋書きもよい。この脚本は、哲学科の大学教授の処女作なのだそうだ。結末の意外性も満足。(予測できないかって言えばできなくもないけど、そんな本格推理小説の鬼みたいな視点で映画みてもつまんないし)
題材上、不快感のある画もでてくるし、スッキリサッパリという一品でもないけど、社会的メッセージ風味のサスペンス映画として良い感じ。

超映画批評『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』80点(100点満点中)