マルチプレックス・マン / ジェイムズ・P・ホーガン

近未来のポリティカルフィクション、SF、スパイアクションがいい感じにミックスされた佳作。芯となるアイディア(まさに multiplex man)も悪くない。

途中から、ははぁこういうことなのかな? とわかってしまう人も多いと思うが、わかったからといって面白さが削がれるということもなく、テンポよく結末まで楽しむことができるだろう。結末を楽しんだら、それを頭において最初からもう一回読み直してもいい。実際私はなんだかんだ言ってすでに数回は読み直して楽しんでいる。訳もいい。つまり結構おすすめ。 

マルチプレックス・マン〈上〉 (創元SF文庫)

マルチプレックス・マン〈上〉 (創元SF文庫)

 

 

マルチプレックス・マン〈下〉 (創元SF文庫)

マルチプレックス・マン〈下〉 (創元SF文庫)