Simplify Mediaがやばい件

Simplify Media
http://www.simplifymedia.com/

自分のパソコンの音楽を、特定の友人にだけ公開できます。
「ボクのiTunesライブラリを公開」というパターンが多そうですが、これに限りません。「ボクのWinAMPライブラリ」「ボクのWindows Media Player 11ライブラリ」でもOKです。そもそも特定のミュージック・プレイヤーに限らず「このディレクトリ以下の音楽ファイル群を公開」ということもできるようです。
対応OSはWindows, MacOS X, Linux (Ubuntu).
さらに「聴くだけ」(つまりクライアント)なら iPhone/iPod touch も対応してます。

Simplify Media

公開した音楽は、simplifymedia.com の自分のアカウントにひもづきます。ですので、simplifymedia.com の自分アカウントの下に、自宅パソコンの音楽ライブラリとか、会社パソコンの音楽ライブラリとか、ノートパソコンの音楽ライブラリとか、で、さらに友人たちの音楽ライブラリも隣に見えて、それらを好きなところから好きなときに好きな機材で聴くことができます。
(実際には 32k mp3 に正規化? されてストリーミングされてるようです。故人にひもづいて認証されてる音源などは当然聴けないものもあります)
(あと文字化けもけっこうあるのですが、僕のばあい気になりません・気にしません)

出先で「うぉー、あれを聴きたい〜」と、すべてを投げ打って帰宅したくなることはよくありますが (*)、iPhone/iPod touch があればどこでも聴けます。むろん仕事しながら自宅ライブラリを聴くのも楽勝です。ぼくは音楽つながりの友人も多く、各人が各人の作った音源をもってるのがふつうなので、それらを直に各個人のライブラリから聴けるのもたいへん素敵です。

なので、もはや家具とかソファとかお風呂のフタとか、生活のまわりのあらゆるモノがSimplify Media のクライアントであるべきだと思いました。
Simplify Media を楽しむだけのために iPhone 3GS とか買っても全然問題ナシでしょう。