55インチ4K液晶テレビ LUCA LT-55B620購入

55インチの4K液晶テレビ、LUCA LT-55B620が7万円を切るお買い得で良かった。

いままであまりテレビに興味がなく、大きなモノを設置して自宅の場所が塞がれるのはあまり好きではなかった。しかし、ここ最近の十年ぐらい、Apple TVなどネット系コンテンツをリビングで楽しめる環境で過ごす時間が増えてから、垂れ流しのテレビではなく、この手の自分が望むコンテンツなら、大きい画面で良い解像度で楽しむのもいいなと言う気持ちが強くなってきた。

なので、50インチぐらいのやつ買っちゃおうよと以前から家族には微妙にモーションをかけていたのだが、ひょんなことで奥さんのスイッチが入り、急遽ポチって良いと言う許可が降りた。むしろポチれという指示が飛んできて、急遽ポチることに。

f:id:mrmt:20200723142517j:plain

購入したのは、アイリスオーヤマの55インチ 4K対応液晶テレビ LUCA ベゼルレスタイプ LT-55B620

なにしろテレビと言うと付加価値てんこ盛りな機種が多すぎて、自分ひとりで楽しむならさておき、操作で家族を混乱させるのはあまり好きでない。機械はシンプルなほうがいい。なので、もし買うなら、以前見かけたこの機種にほぼ決めていた。

Android TVとかネット系対応の機能が本体には何一つついてないのがいい。
僕個人はchromecastもAppleTVも既に持っているので、重複する機能はいらない。

ハードディスク録画機能だけはついていてほしいが、内蔵されている。記憶媒体として外付けUSBハードディスクを接続する必要はあるが、手持ちのものが利用できるし、コストも抑えられ、故障の際も対応がラクで好都合だ。

f:id:mrmt:20200723142521j:plain

難点は、アイリスオーヤマのテレビはいわゆる家電量販店にはデモ機が置かれておらず、現物を見るチャンスがなかなかないことだが、これも先日横浜に遊びに行ったさいに島忠 ホームズ新山下店のインテリア売り場に置いてあるのを発見。モノとしての仕上げや、画質も特に問題ないことがわかった。

アイリスオーヤマ自体も、いろいろ前向きに取り組んでいる企業だと思うし、好感度も若干ある。ついでにいえば仕事で関わっていた仙台は好きな土地なので、仙台企業を応援したい気持ちも3%ぐらいある。

購入にあたってamazonや楽天、PayPayモールなどいくつか見てみたが、amazonがだんとつに割安だったので購入。なにしろ7万円を切って69,800円だ。

最初に映像を見た印象は、思ったより色温度が高め。

f:id:mrmt:20200723142528j:plain

とはいえ、しょせん人間の官能の話なので、がっつりキャリブレーションを取ってもしょうがないし、そもそも見るソースがYouTubeだったり地デジだったりとバラバラなので、あまり気にして追い込んでもしょうがない。気になったら色テイストのプリセットがいくつか準備されているし、さらに詳細に設定することもできる。気になったらいじればいい。いちおうむかーし銀塩やデジタル画像処理とか画質評価の仕事にかかわったひとりとしても、気楽にそう思います。

YouTubeやNetflixなどHD, 4kな画をいろいろ楽しんでみる。

f:id:mrmt:20200723142524j:plain

f:id:mrmt:20200723142532j:plain

f:id:mrmt:20200723142537j:plain

f:id:mrmt:20200723142541j:plain

スイス・アーミー・マン(字幕版)

スイス・アーミー・マン(字幕版)

  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: Prime Video
 

 

不満点は、HDMI電源連携をオンにしてあるのに、外部HDMI機材の電源を入れてもテレビ本体の電源がつかないこと。なんだろう?

というわけで、
大きさや性能は申し分なく、
一定のブランドへの安心もあり、
コスパはとにかく抜群なので、
皆さんもamazonでうっかりどんどん購入するといいと思います。

 

こちらも一緒に!