読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bitbucketは無料でprivate git repoを作れるのでcvs repoを引っ越した

もう21世紀だというのに、いまだに個人的なcvsリポジトリをいくつか持ったままだった。

自分でsvnサーバ立てたりgitサーバ立てたりしたことはあったけど、もうなんか、世を探せば存在するサービスを自分で作って運用する時代でもありません。リーンですよ奥さん

いまどきなら, repositoryをどこかに突っ込むならgithubでしょ、と思いますが、僕がの手元に残ってるcvs repositoryの中身は公開するようなモノではありません。

(公開したほうがいいものはとっくに公開しちゃったというか)

でもgithubでprivate repoを持つには有料アカウントが必要です。

がつがつ開発するようなrepositoryでもないのに、7 usd/monthはちょっとなぁ… と、ケチケチprivate gistとか使ってました。

が、ふと気づいたら、Bitbucketは無料アカウントでもprivate repoをいっぱい作れるのですね。いまやMercurialだけじゃなくてgitにも対応してる。でもって、いつの間にかAtlassianの子会社になってました。いいじゃん!

というわけでcvs repositoryをgitにお引っ越し。

作業場所つくる

# mkdir work && cd work

# git cvsimport -v -d ~/cvs -C hoge moge

Bitbucketにgit reposを作る

repository作成に成功したら、「このリポジトリにアクセスするなら https://yourname@bitbucket.org/yourname/hoge.git だよねー」とか画面にURLが出ているはず。

あとは、このBitbucket上のprivate git repositoryに、手元のgit repositoryの内容を持っていくだけ。

# cd hoge

# git remote add origin https://yourname@bitbucket.org/yourname/hoge.git

# git push origin master

# git push --tags