Very Introspective, Actually: A Tribute to Pet Shop Boys / Various Artists

Pet Shop Boys のトリビュートアルバム。

  • Front 242 をぬるくしたような (インダストリアルかつ納豆っぽいヴォーカルがそれっぽい)It's A Sin / The Cruxshadows
  • 太い声で謡いこんでいるThis Must Be The Place I've Waited Years To Leave / Human Drama
  • あいかわらず何かへんてこな Momus 先生のSo Hard / Momus
  • これまたギター一本で歌いこみのBeing Boring / David J
  • Rent / Behind The Scenes
  • Opportunities / Fictional
  • Left To My Own Devices / Motormark
  • Suburbia / Endanger
  • Love Comes Quickly / Sweep
  • Heart / Athan Maroulis & Zeitmahl
  • What Have I Done To Deserve This? / Rhea's Obsession
  • New York City Boy / Icon Of Coil
  • Jealousy / Hungry Lucy
  • You Know Where You Went Wrong / Cleaner
  • West End Girls / Nicole Blackman And John Van Eaton

トリビュートアルバムはお祭りなので、その点、このアルバムは楽しくアイディアや演奏をみんなで持ちよっている雰囲気が結構あってよろしい。Pet Shop Boys のオリジナルはきれいな素材風味のアレンジのことが多いが、それはむしろカバーする者にとってはいじりがいがあるということで、全身清潔で体毛など生えていないのではないかという PSB の原曲に比べると、このアルバムの収録曲は、みなすべてちゃんと脇毛もありそうな人達の楽曲、になっている。そういえばニールは頭の毛もうほとんどないしね。PSB 好きには結構おすすめ。 

Very Introspective, Actually

Very Introspective, Actually