せんだい3.11メモリアル交流館〜震災遺構 仙台市立荒浜小学校〜仙台国際空港

前日、仙台市内から海岸のほうへのんびりドライブしていて、あまり意識せず荒浜海岸を通ったのだが、かつて町があったところがすべて津波で洗い流され、慰霊碑が建ち、切ないところだった。

たった一つだけ、津波に負けず建っていた小学校が当時の様子のまま保存されており、既に夕方だったこともあって立ち入ることはできなかったが、明日再訪しようと思い、後にした。

f:id:mrmt:20180603175552j:plain

f:id:mrmt:20180603175547j:plain

f:id:mrmt:20180603175542j:plain

f:id:mrmt:20180603175558j:plain

 

まずは「せんだい3.11メモリアル交流館」から。仙台市地下鉄 南北線の南の終点、荒井駅のなかにある。

f:id:mrmt:20180603184859j:plain

f:id:mrmt:20180603184904j:plain

子どもたちが手描きでつくりあげた状況図。手作り感がとてもいい。

f:id:mrmt:20180603184910j:plain

f:id:mrmt:20180603184914j:plain

f:id:mrmt:20180603184923j:plain

小ぶりなスペースだが、無料で見れるしぜひどうぞ。

 

さて、昨日は入れなかった「震災遺構 仙台市立荒浜小学校」へ。いまでも津波のときの避難施設としても活きている。

f:id:mrmt:20180603185038j:plain

f:id:mrmt:20180603184928j:plain

 

当時、東京から切ない気持ちで様子を見ていたのを思い出すよ。
この線のところまで津波があがっていたわけだ。

f:id:mrmt:20180603184934j:plain

f:id:mrmt:20180603184941j:plain

f:id:mrmt:20180603184947j:plain

 

みんなで手作りで往時の様子を再現した模型。
家ひとつひとつに、手描きで、誰々さんち、と書いてある。

f:id:mrmt:20180603184953j:plain

 

廊下のかなたには、青い太平洋がみえる。

f:id:mrmt:20180603185001j:plain

 

屋上へ。

f:id:mrmt:20180603185007j:plain

f:id:mrmt:20180603185022j:plain

なんも、なくなってしまった。

春の日差しと、穏やかな鳥の鳴き声がする。

f:id:mrmt:20180603185017j:plain

 

集落の墓地は、活きている。

f:id:mrmt:20180603185012j:plain

 

校舎の正面には、子どもたちの「ありがとう」という寄せ書きとともに「閉校記念碑」がある。

f:id:mrmt:20180603185028j:plain

 

この閉校記念碑が、とても明るい雰囲気で作ってある。

これは、逆に、切ない。

メモリアル的なものは冷静に観察するタイプなのだが、気づいたら涙腺が決壊していた。

f:id:mrmt:20180603185033j:plain

 

そのまま南下して、仙台国際空港に行ってみる。

f:id:mrmt:20180603185046j:plain

 

peachのチェックイン端末ではairbnbとのタイアップをやっていて、じわじわくる。

f:id:mrmt:20180603185109j:plain

 

2Fにはエアロスバル。さすが水平対向4発。

f:id:mrmt:20180603185056j:plain

 

この空港のキャラらしい。へっぽこ感がとてもいいけど、ヘロンじゃなくてデ・ハビランドのほうが社名だよ…

f:id:mrmt:20180603185103j:plain

シトロエン仙台〜タイヤ&ホイール館フジ〜水車生そば

数日前から、コンソールに「エンジンオイルの量が足りないゾ」と警告が出ている。
サスペンションオイルならまだしも、エンジンオイルにはそんなに神経質なほうではないが、たった1600ccにDOHC, 可変バルタイ, ターボ加給とメカニズムを詰め込んでいるエンジンなので、いやこんなの今どきならごく普通か、ちゃんとオイルメンテナンスをすることにした。

f:id:mrmt:20180528203558j:plain

前回のオイルメンテナンスから1年近く、最近は高速道移動も頻繁におこなっており、継ぎ足しも何なので、きちんとディーラーでオイル交換することに。仙台にはちゃんとシトロエン仙台という正規ディーラーがある。

うかがってみると、クライスラーのディーラーも併設。ということは1990年代の新西武自動車時代からの系譜・ノレンも持っているところかもしれない。安心。

f:id:mrmt:20180603175527j:plain

加えて、そろそろスリップサインが出そうなタイヤ交換もしてしまうことにした。

交換したいタイヤの銘柄を扱っているところを探すのもそうだが、タイヤ交換は、ピアノの調律と一緒で、作業の機材や腕前によって結果が全然違う。
仙台の地で、よいタイヤ屋さんはどこだろう… といろいろ調べていたところ、とある美女に教えていただいた仙台郊外のタイヤショップ、タイヤ&ホイール館フジの仙台店を訪れてみた。

f:id:mrmt:20180603175602j:plain

のっけから店頭にMichelin Primagy 3 225/55 R17が積んである!
これは、まるで俺を待ってたんですかと。

f:id:mrmt:20180603175611j:plain

f:id:mrmt:20180603175620j:plain

値段は、工賃含め、ギリ10万切るぐらいで収まった。

いまのバランス取りって、こういうウェイトを貼り付けるようになってるんですねー。

f:id:mrmt:20180603182231j:plain


さて、次に東京に帰るときに、東北道でのタイヤの皮むき変化を味わうのが楽しみ。仙台から東京まで300kmしかないのが物足りない!

いや、がまんできず、山形まで、行きは高速、帰りは下道で往復し、ざっと100kmほどいろんな速度域で走ってみた。
ホイールバランスもばっちり、不快なシミーなど皆無。
ミシュランのいわゆる真円度の高さってやつをハイドロサスペンションでたっぷり味わえて、悦楽。大満足だ。
このタイヤ&ホイール館は全国展開しているようなので、次にタイヤ交換するときは東京の店舗にもあたってみることにしよう。

せっかくの山形では、「水車生そば」という店で「鳥中華」を食べてみた。

f:id:mrmt:20180603175625j:plain

ここは本来は蕎麦屋で、たしかに蕎麦や天ぷらも旨そうだが、この鳥中華でも有名で、確かに店内の半数ちかくはこれを食べている。
揚げ玉が薄めに振られていて、コシのある麺に、甘く上品で優しい味。なかなか良かった。

f:id:mrmt:20180603175635j:plain

まちのパーラー〜原嶋屋総本家

少し早めに家を出て、小竹向原の「まちのパーラー」

f:id:mrmt:20180603172308j:plain

以前行った江古田の「パーラー江古田」の兄弟店だった。

やっぱり、たぶん同じものをオーダー。

f:id:mrmt:20180603172313j:plain

f:id:mrmt:20180603172318j:plain

トマトとチーズの酸味や甘味が相まって、とってもおいしい。満足。

 

さて、関越道を北上して、群馬は前橋の「原嶋屋総本家」へ、焼きまんじゅうを食べに行く。助さん、角さん、ご老公が出てきそうな歴史ある店構え。

f:id:mrmt:20180603172323j:plain

f:id:mrmt:20180603172329j:plain

「焼きまんじゅう」は群馬人のソウルフードらしい。

つい食べ残って、ちょっと硬くなっちゃったおまんじゅうに、少し水でも吹いてからちょっと焼けば風味も少し戻るかな… といったような後ろ向きのものではなくて、最初っから焼いて食すために、群馬各地で丹念に粉からこねられ、丸められ、串に刺され、独特の甘い味噌を幾重にもかけて、焼いて、たべる。

まんじゅうとはいっても、中に餡が入っているわけではなく
(伊勢崎には餡入りの焼きまんじゅうもあるそうだ、今度チャレンジしてみたい)
プレインで軽めのもの。大きさはひとくちで軽く頬張れる程度。「巨大なニョッキ」といったほうがイメージが近いかもしれない。

店頭で、焼く、焼く、焼く。

f:id:mrmt:20180603172333j:plain

つい食べるのに夢中になって、焼きまんじゅう本体の写真を忘れてしまったが、あつあつ、ほくほく、なかなかイケるものだった。また… 食べてみたいなぁ。

福島の満腹で円盤餃子

福島には円盤餃子というものがあるらしい。
この「満腹」という店が、その円盤餃子の発祥の店らしい。

今週のお題「修学旅行の思い出」

市街地と住宅地のあいのこのようなエリアをうろうろ。
かなり見過ごしてしまいそうな、路地の奥にあった。

f:id:mrmt:20180603171038j:plain

車なのでノンアルビールと、円盤餃子を頼む。

円盤餃子はひと皿に30個。
いちおう、任意の個数で頼めるらしいが、どうせ行くならひとさら行こうじゃないか。
それに、ひとつひとつは結構小ぶりらしく、割と普通に30個いけるらしい。

f:id:mrmt:20180603171045j:plain

でてきた。
焼き面かりかり、反対側ふわふわ、中さくさくとろとろあつあつ。
たいへん満足。

f:id:mrmt:20180603171050j:plain