松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパーク

ホテルをチェックアウト。おじいちゃん夫婦のレガシィと従兄弟一家のオデッセイに分乗して、松江フォーゲルパークに向かう。

入り口にいきなりふくろうのケージがいくつもあり、にらめっこしたりできて、おもしろい。

中は植物園というか温室で、大量のベゴニアが花盛り。ベゴニアのピラミッドのようなもののまわりには、ゆっくりとまわる水のうえに極彩色の大輪の花がゆっくりとめぐっており、なにか仏教的な極楽や桃源郷のイメージでウットリ。そういえば今日が父の死後ちょうど一年の一周忌なことを思い出したり。

奥のほうではふくろうのショーの場所がある。まだ時間が早かったので、幼いふくろうの飛行訓練をやっていた。

ほかにも別の建物でひょうきんで人懐っこい南国の鳥たちを堪能したあと、ペリカンや白鳥の棲む湖をみる。ペリカンに魚を放り投げて餌付けするところも見ることができた。ここでもビニール手袋をもらって自分でペリカンに魚をあげる体験ができる。

あとは子供のペンギンを見たりすっかりのんびり。入場料は大人1,500円だが、結構ひろく見応えもあり、施設のひとのサービス精神もあって、家族観光にはおすすめ。

島根ワイナリー

島根和牛 (島根和牛は神戸牛のルーツらしいですよ) を堪能すべく、島根ワイナリーにバーベキューに向かうが、なにやら爺さんたちのレセプションで満員。退職悠々自適な爺さんたちの催しを休日にやらんでもいいと思うが…

しょうがないのでワインの試飲だけやって、出雲空港まで取って返し、飯くってから帰京。

今回いけなかったところ (namaさん情報どうもありがとう):

京急バス

羽田から自宅近辺まで、どうもいい足がない。京急バスが吉祥寺駅まで出ているので試してみる。大人1,200円、子供もあわせて3,600円。バスチケット自動販売機で購入すると額面そのまま3,600円なのだが、チケットカウンターのお姉さん経由で買うと、いったんバス回数券を購入してからそれで購入という段取りを踏めばお得ですよと教えてもらい、トータル3,200円の、400円浮きで購入できた。

バスは補助席まで含めて満席で、トイレなどは乗車前に念入りにすませておかないと大変だ。
いったいいつつくのやらと思っていたが、首都高をつかえば順当に1時間弱で到着するものだとわかった。

こどもたちは旅の疲れもあり、寝こけていたところをバスから降ろされ、二人とも眠さのあまりぽろぽろ泣いていたが、だっこしつつ適宜お好み焼き屋に入って夕食。そのうち元気も回復し、バスで帰宅。