世界の山ちゃん

世界の山ちゃん

新宿歌舞伎町脇の店にいってみる。30分待ちだった。まぁ基本はフツーの大衆飲み屋だけど、メニューも店内もキャラをくどく出しているので、これはこれでポップでたのしい。子供づれで来るにもいいかもね。「あんかけうどん」は「あんかけスパ」のうどん版だということはメニューで確認したが、食べるには至らなかった。

串みそかつ。甘くておいしい。
手羽先。名古屋だとこの「名古屋コーチンの手羽先を揚げて味噌と塩胡椒で味付けしたもの」を「名古屋コーチン」と呼ぶと聞いた (IS-A関係の混乱)
なんかでかいサラダ
串かつマグロぽん酢とかいうもの。最初酔った勢いで「揚げたてのカツのなかには、中央がまだ赤くとろりとしたまぐろが、それをシャキッとしたネギとポン酢で…」といったものを夢想したが、出てきたのは中央まできっちり白く加熱された、厚生的には満点のものだった。まぁあんま期待しすぎても野暮というものやね。