Joel 'Espy' Klecker 氏

Debian GNU/Linux の glibc メンテナ。

My son Joel died this morning at 4:29 am after a lifelong battle withDuchenne Muscular Dystrophy.

だそうです。

Duchenne Muscular Dystrophy ってのはhttp://mdausa.org/disease/dmd.html参照、つってもぼくにはよくわかんないが(「デジェンヌ系筋ジストロフィー」というらしい - by おごちゃん)要は長生きできない、若いうちに死んでしまうだろうこと決定、子供のうちにばたばた死んでしまう重い病気らしい。

ぼくは Debian の「関係者」ではありませんが、その IRC チャネルにて、数日前に、本人が「お別れ」を述べた様子は、また聞きで見ました。

ずっと Slackware 3.x ベースで公私ともに過ごしていたぼくには、glibc - libc6 って、なにか雲の上のようなスゲェもの、みたいなイメージがあって、その libc6 への移行すらさくっとできてしまう Debian GNU/Linux って distro は余計すげえなぁ。という印象がありました。

libc6 へのかちっとした移行も早かった,安定性でも定評のある Debian システムの、まさにその心臓部である libc を、寿命を知りつつ、病と闘いつつ、パッケージメンテナンスしてきた Klecker 氏には、勝手にこっちの主観で思い入れるのは失礼にあたる、ってのをふまえつつ、ただただ「すげぇ」とおもい、敬意と感謝を感じます。

享年 21 歳。合掌。