十和田湖〜十和田市現代美術館

朝風呂あびて、チェックアウトして、十和田湖へ。

f:id:mrmt:20180401082839j:plain

f:id:mrmt:20180401083519j:plain

 

湖畔におりてみる。

f:id:mrmt:20180401084730j:plain

f:id:mrmt:20180401084823j:plain

f:id:mrmt:20180401084851j:plain

f:id:mrmt:20180401084908j:plain

 

渓流ぞいに、十和田市へ向かう。

f:id:mrmt:20180401090849j:plain

f:id:mrmt:20180401090953j:plain

f:id:mrmt:20180401091106j:plain

f:id:mrmt:20180401091947j:plain

f:id:mrmt:20180401092014j:plain

 

十和田市現代美術館。

f:id:mrmt:20180401101918j:plain

 

カフェもある。
ここでやっとあさごはん。

f:id:mrmt:20180401103143j:plain

f:id:mrmt:20180401103216j:plain

f:id:mrmt:20180401103331j:plain

 

f:id:mrmt:20180401105841j:plain

 

おもしろかったのは、
写真だとあまり迫力つたわってこないけど、
5mぐらいある、むっちゃリアルな、オバサン。

f:id:mrmt:20180401105909j:plain

 

英雄像とか美女とかじゃなくて、不機嫌そうな、太った、血色も悪い、シミもいっぱいある、ってのがひたすらリアルに作られた、巨大なおばさん。

前にずっとたたずんでいると、いまにもモノを言いそう。
なかなかいい体験。

f:id:mrmt:20180401110130j:plain

 

子どもたちと対比するとこんなにでかいんです。

f:id:mrmt:20180401114127j:plain

 

小さな半透明のヒトの人形を無数につなげたオブジェ。
展示室をひとつ覆うほど、でかい。
エヴァンゲリオンの、箱根の地下500mぐらいにありそう。

f:id:mrmt:20180401111650j:plain

 

f:id:mrmt:20180401111841j:plain

 

プロジェクション。
イイ!

f:id:mrmt:20180401113423j:plain

f:id:mrmt:20180401113536j:plain

 

ひたすらシンプルな動くウェブサイトの集合体。

https://www.newrafael.com/allwebsites/

f:id:mrmt:20180401113821j:plain

 

いちおうオノヨーコとか草間彌生とかお約束のもあったりします。ふーん。

f:id:mrmt:20180401114246j:plain

 

fat carという、ぶくぶくに太ったクルマ。

f:id:mrmt:20180401114319j:plain

f:id:mrmt:20180401114436j:plain

近づいてよーく見ると、中身は初代P10プリメーラだった。

さて、十和田市にやってきた大きな理由のひとつ、期待していた馬肉料理屋。

f:id:mrmt:20180401115334j:plain

日曜定休であった。

馬肉料理 吉兆

ぐるなび馬肉料理 吉兆