読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Citroën M35がFrench Blue Meeting 2015にいた

今回French Blue Meeting 2015に行って、いちばんすごかったのが、これ。

f:id:mrmt:20151018090326j:plain

シトロエン・M35 - Wikipedia

シトロエンの、ロータリーエンジン試作車。

497.5ccの1ローター。エンジンは、世界初のロータリーエンジン量産車であるRo80を作ったNSUとの合弁会社で製造。

試作車なんだけど、顧客に販売され、顧客はシトロエン社によって居住地や年齢、職業などがうまく分散するよう決定され、かつ運用レポートを同社に提出するよう求められた。なんだこの伽藍とバザール方式。

f:id:mrmt:20151018090339j:plain

f:id:mrmt:20151018090358j:plain

車体はアミ8をベースにしている。サスペンションはGSのハイドロ・ニューマチック。

 

f:id:mrmt:20151018090435j:plain

例によって、リアタイヤはフェンダーの下に隠されている。
ここまでフェンダーの下に隠されてしまうと、タイヤ交換すらどんだけ車体の分解を要するんだと小一時間

f:id:mrmt:20151018090451j:plain

f:id:mrmt:20151018090421j:plain

f:id:mrmt:20151018090737j:plain

M35は全車、シトロエン社によってフロントフェンダーにPrototype Noが記された、とある。とすると、これがそれか!

f:id:mrmt:20151018090912j:plain

エンブレムのオムスビ形は、伊達じゃない。

f:id:mrmt:20151018091007j:plain

いや、こんな凄いものを、日本国内で、いや生きているうちに見れるとは全く思っていなかった。 

シトロエンの一世紀―革新性の追求

シトロエンの一世紀―革新性の追求