読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか / ベン ホロウィッツ

book

Kindleで読んだ。私小説として面白かった。
小澤 隆生「おざーん」さんの序文も味わい深い。

Andreessen Horowitzは、技術とビジネスのバランスが筋のいいVCとしてレスペクトして動きをみている。

Marc AndreessenがNetscapeやめて、AOLもやめてLoudCloudを立ち上げたとき、青空に雲のふわふわしたイラストのトップページと説明文をみて、なんとなくしたいことが分かるような分からないような… でもアンドリーセンだから、先見性あるすごいことをするんだろうな… と思いつつ、そのうちつまらなそうな社名 (OpsWare) になっていって、ありゃ、その後パッとしないな… と思っていた。

昔からThe Internetのメタファーとしての雲 (くもくも) は使われていたけれども、クラウド資源をマネージする会社というのは、その必要性も僕には当時まだわからなかった。その中でどんなドラマが展開していたのか、今や本書を読めば赤裸々にわかる。

ある程度大人になって、物事を切り盛りしていけば、きれいなことも汚いこともいろいろ遭遇するものだ。本書は「明日から役に立つ!」という性質の本ではないが、そんな大人たちの頭とからだを前向きにしてくれる、良性の「あるある」本だと思う。大人のあなたに、お手すきで一読どうぞ。

HARD THINGS

HARD THINGS

 
HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか