読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CAPS LOCK / CAPSULE

capsuleがヤマハ系から移籍して最初のアルバム。うっかり聴き逃していた。
ユニットのキャピタライズもCAPSULEになったみたい。uppercaseに。
Bonnie Pink→BONNIE PINKみたいだね。iTunes管理的には面倒なのだが。

 

移籍の理由にどんなものがあったのか知らないが、おそらく「やりたいこと」100%で作られた感じが半端ない。リスナーやレーベルに合わせるとかそういうの一切なさそう。これが逆に大変気持ちよい。

ああ、これも、あれも、それも、これも、やりたかったんだな…

 

受け入れられるためのポップでは、まったくないです。中田ヤスタカの本能と才能が、ほんとそのまんまに楽曲として出ている。
でも、彼はポップの才人でもあるので、成果はみな、とてもポップです。
自分たちのためだけの、音楽のハッカソン。結果8本。みたいな気もします。
こんだけの「やりたいことだけやった」感は、30年以上この筋の音楽に触れてきて、OMDのDazzle Ships以来です。最後のM8 Returnの和なメロディなど、1stの「ハイカラガール」の日本の味 (あるいは金沢の味?) への帰還すら感じて、私はじわじわ感動です。

以下は、おそらくいちばんシングルカット的な意味でポップなM5 Shift.

Dazzle Ships / OMDがいける人なら、これは全力でおすすめ。そうでなければ (あるいは、この喩えがわかんないなら) 薦めていいのか、すこしよくわかんないです。

中田ヤスタカを、音符の一つひとつ、ミックス・トラックダウン・アレンジ・サンプルの細部まで聴いてきたひとなら、慈しむように味わえる8曲です。最上の36分となるでしょう。

m1 HOME
m2 CONTROL
m3 DELETE
m4 12345678
m5 SHIFT
m6 ESC
m7 SPACE
m8 RETURN

CAPS LOCK

CAPS LOCK

  • CAPSULE
  • エレクトロニック
  • ¥1900
Caps Lock

Caps Lock

 
CAPS LOCK(通常盤)

CAPS LOCK(通常盤)