読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンドレアス・グルスキー展 (国立新美術館)

art

国立新美術館のアンドレアス・グルスキー展いってきた。

アンドレアス・グルスキー展 (国立新美術館)

イイ……

http://gursky.jp/

アンドレアス・グルスキー展

ほとんど撮影できなかったので紹介できないですけど、いやー、良かった。ムラムラきます。おすすめ。単なる写実というよりは、むしろ積極的にデジタルで編集したり創作もしていくのですね。

バンコクの美しくて汚い一連の川面の連作がまたとても良かった。
ぱっと見ると抽象的なパターン。
少し近づくと、漆黒の川面に映る光の様子かなと。
さらに少し近づくと、それはゴミで汚い川の水面で、捨てられたオモチャやタイヤ、衣類、果物、etc.. が浮いているのも見える。
汚と美、リアルとシュール、具象と抽象、それらが共存していっしょくたになって、これは、イイ……

これはですね、ぜひ、でっかい展示として観て体験していただきたい。お部屋のヘッドフォンで聴く音楽と、フェスとか大箱で聴く音楽が全然違うように、美術館の壁面を圧倒する大きさで目の当たりにすると、感性にドスドス刺さります。

国立新美術館ではちょうど、ウォーホールあたりをメインにしたアメリカのコンテンポラリーあたりの展示も始まってました。けど、そっちはまあもういいかなあ。