読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タルカス〜クラシック meets ロック / 吉松隆, 東京フィルハーモニー交響楽団

僕の影響なんだろうけど、息子もプログレっぽいものが嫌いじゃない。

高校受験前に、Dream Theaterタブ譜でギターを一生懸命練習しだしたときはどうしようかと思いました。

あと、NHK大河ドラマEL&Pのタルカスがかかったときは

「お」

「お」

「いまの、タルカスだよね?」

「タルカスだね」

という会話が茶の間で繰り広げられました。

そんなこんなで、そのNHK大河ドラマ平清盛」の音楽を担当している吉松隆のアレンジ・指揮でタルカスをオーケストラで再現しているこのアルバムも気にはなっていたのだが、気づいたら息子の部屋にありました。息子といろいろCDの貸し借り。わーい。

聴いてみると。タルカスのいわゆる第一楽章相当部分というかErupsionもいいが、最終楽章相当のAquatarkusのところが かなり大満足。

ほかは、悪くはないが、CD全部がっつり購入して聴くほどでは、ないかな…?