Lightning Talkタイマー

Shibuya.XSSで使ってたLightning Talk用のタイマーを載せときます。

これは何? 

  • デフォルト5:00からカウントダウンするさまを表示するモノです
  • 発表者の名前を仕込んでおいて表示もできます
  • 発表者の写真を仕込んでおいて表示もできます
  • 残り秒数が少なくなると、表示内容があせってきます
  • 時間を超過すると、表示内容が怒ってきます
  • Quartz Composerコンポジション (拡張子 qtz) です 

LTtimer

LTtimer

動作環境 

  • Quartz Composerがインストールされていること。つまりXCode一式がインストールされていること
  • なのでMac OS Xじゃないと当然動きません
  • Mac OS X 10.7 Lionで編集保存したqtzなので、それより古いOS XQuartz Composerだと動かないかもしれません

使い方

  • LTtimer.qtz を起動
  • Quartz Composerが起動し、(デフォルト設定だと) 開発環境であるEditorウインドウと, コンポジション再生のViewerウインドウが開く
  • Viewerウインドウのほうを、最大化するなり、プロジェクタに出ているスクリーンに持っていくなり、見せる
  • フォーカスはViewerウインドウに当てておく 

キー操作

タイマー操作 

  • g: カウントダウン開始
  • s: カウントダウン停止 (gを押すとカウントダウン再開)
  • r: カウントダウン停止状態のとき、カウントを 05:00 に戻す

発表者名操作

  • n: 発表者表示を次へ
  • p: 発表者表示を前へ
  • 1: 発表者の写真が出てくる
  • 2: 発表者の写真を引っ込める 

タイマー時間設定

  • Editorウインドウで「timer」オブジェクトを選択し Command-i
  • minとsecをスライダーまたは数値入力で変更

LTtimer

発表者リスト変更

Editorウインドウで 

  • 「presenters」オブジェクトをダブルクリックして中に降りる (上に上がるにはCommand-↑)
  • 上の方にあるpresenter names (JavaScriptオブジェクト) を選択してCommand-i
  • オブジェクトの編集ウインドウがポップアップするので、Command-2でソースコード編集
  • JavaScriptのArrayとして だらだら書いてあるので 適宜編集

LTtimer

発表者写真変更

Editorウインドウで

  • 「presenters」オブジェクトをダブルクリックして中に降りる (上に上がるにはCommand-↑)
  • 上の方にあるpresenter picturesをダブルクリックして中に降りる (上に上がるにはCommand-↑)
  • Editorウインドウに、0枚め、1枚め… と写真をdrag & dropして追加し、Image Multiplexerにどんどんつなぐ

LTtimer 

ライセンス

バイナリしかないからなあ。
CC BY-SAで。