読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone4用ポケットプロジェクター「monolith」

iPhone 4専用の分厚いケースのようなもの。

だけど、実はプロジェクターでもある。バッテリーチャージャーでもある。というガジェット。

まあ、ポケットに入るプロジェクターなので、満場の諸君を感動感銘感激させるような one more thing, boom! な映写ができるわけではない。

照度は12 ANSIルーメンだし (ちなみに大講堂で使うクラスだと4,000 ANSIルーメンぐらい)。

これは僕が自宅の廊下の天井にKeynoteプレゼンを映写しているところ。

monolithmonolith

ところでまず仕様の制限だが、これは「iPhone 4の任意の画面を映写できる」ものではない。つまりMac OS Xでいうところのミラーリングとか外部画面といったものではない。

なので「受信したメールをみんなでみる」「マップの地図をみんなでみる」といったことはできない。

「映像を扱えるAirPlayデバイスの一種」の扱いのようである。

ただしAirPlay対応アプリだから映写できるかというと、そういうものでもないようだ。

iPhoneに付属しているアプリでいうと「YouTube」「ビデオ」からしか映写できない。

これは「ビデオ」アプリから映写中のところ。映写先選択 (AirPlayデバイス選択?) をすると、「Dockコネクタ」が選択されている。これがmonolithにあたる。(なぜスピーカーのアイコンなんだろう…)

monolith

しかし「写真」アプリが対応していないのは痛い。撮った写真をみんなでなかよく映写して観る、というユースケースはあるだろうに。ネタ写真(友達の怖い顔)を撮ってすぐ映写、とかね。

このように、「写真」アプリから出力デバイスを選ぼうとしても、iPhone本体と、Apple TVしか出てこない。

「写真」アプリの表示内容をmonolithで投射することはできないのだ。

monolith

他のApple製およびサードパーティ・アプリは、ざっとみた限りだと

  1. 対応: Keynote, AVPlayer (かなり任意の動画を再生できるプレイヤー), LivingMedia Player (DLNAクライアント)
  2. 非対応: MLPlayer Lite (DLNAクライアント), UStream, ニコニコ動画

まあそんなところです。

このmonolithは、仮にプロジェクターとして使わなくても、1.5回はiPhone 4本体を満タンにできる予備充電バッテリーとしても使うことができる。ちょっと面白いオマケの付いた、ちょっと高めの予備バッテリーと考えれば、まあいいのではなかろうか、で ありましょうぞ。

(2012.1.4追記)

サンワサプライでも取り扱いが始まったようだ

サンワサプライのiPhone 4/4S用プロジェクターに注目―予備電池兼用のすぐれもの

iPhoneプロジェクター(iPhone4・iPhone4S対応・バッテリー内蔵・一体型) 400-PRJ011 【サンワダイレクト】