Ewan Dobson

カナダのギタリスト。アコースティック・ギター一本の人。

ナリはお前ネタか? って感じもするけど、基本的には爽やかな、午後の日だまりのオシャレカフェとか、テレビの「世界の車窓から」のBGMでかかっていてもそう違和感はない感じ。

なんだけど、どうもミニマルとかプログレっぽい味がある。

これはアルバムEwan Dobson所収のPaganini's Hip. いけるでしょ?

で、こっちはアルバムEwan Dobson IIに入っているTime 2. なんとも北欧トランスっぽいです。さすがにこっちはディレイかましてると思われる。

これなんかもいいのですよ。Springing Back to Life

というわけで、こういう、メッセージ性のない、純粋に音・音楽を愉しめるものに出会うと、アコギもやっぱしなかなかいいなー。という。

最近のamazon.co.jpは、なんだCD品切れかー、と思うと、mp3ではさくさく売っているものが多くて、なかなか便利。時代もかわったのう。