Café Bleu / The Style Council

むかしレコードで持っていたが、iTunes Storeで買い直し。

ご存知のとおり、The Style Councilのフルアルバムとしては最初の一枚。1984年。

ブルースで、ジャズで、ロックで、ファンクで、ソウルで、音楽の幕の内弁当。「幕の内弁当度」では、次作の名盤Our Favourite Shopのほうがひとあじ濃いが、だからこそ、すこしさっぱり味のこのアルバムも実はとても良いのだ。

ジャズでファンクなMick TalbotのピアノがたのしいMick's Blessings, すこし曇った空のもと独りで(助手席に誰かいてもいいけど)ドライブにいきたくなるThe Whole Point of No Return, Me Ship Came In!, Blue Cafe, そしてまだ結成前のEverything But The GirlのBen Watt と Tracey Thornが参加しているParis Matchは、前作のミニアルバムIntroducing The Style CouncilでPaulが独りで歌っているバージョンよりもはるかに素晴らしい。(ふたりはこのセッションで出会ったのだと思っていたけど、どうも違うらしい)

そしてピアノ弾き語りの名曲My Ever Changing Moodsに、ジャズ・セッション風の、しかしタイトルがカゲキなDropping Bombs on The White HouseでA面はおわり。

B面はまるっとPaul先生のfunk面が出ていて、またまた左っぽい歌詞のラップで、モジュレーション・ホイールから常に左手が離れないようなドス黒くファンクなシンセ・ベースが印象的なA Gospelに、これまたPaul先生のベタファンクさがそのまま出ているStrength of Your Nature (こっち方面は僕は実はあまりそんなに好きでない)。

続いて、まるでテレビドラマの主題歌みたいな口説き落とし系ナンバーYou're the Best Thing, そしてこのあたりから後の奥さんDee C. Leeもでてきて、Here's One That Got Away, Headstart for Happiness, Council Meetin' と、B面もおわる。Dee C. Leeぼくも好きなんだけど、ちょっと声が蓄膿っぽいよね。大きなお世話か。

というわけで、B面にはいると少しだけ品揃えが息切れしてくるけど、ほぼ名盤といっていいことに違いはないので、ぜひどうぞ。

  • Mick's Blessings
  • The Whole Point of No Return
  • Me Ship Came In!
  • Blue Cafe
  • The Paris Match
  • My Ever Changing Moods
  • Dropping Bombs on the Whitehouse
  • A Gospel
  • Strength of Your Nature
  • You're the Best Thing
  • Here's One That Got Away
  • Headstart for Happiness
  • Council Meetin'