多摩動物公園

久しぶりに多摩動物公園へ。

まえに多摩動物公園に行ったのは大学生のときぐらいだったから、かれこれ20年ぶり。数年前は勤務地が近かったから、車で前を通ることも何回かあったのだけどね。

ここは比較的安いし、たっぷり歩けるので健康にもいい。実はいいところです。

上野動物園にいた、パンダのランランとカンカンの剥製です。こんなところにいるんですね。というかランランとカンカンって死んでたんですね。そりゃそうか。

多摩動物公園

オランウータンのところも、彼らが空中をどんどん伝って遊ぶための専用軌道みたいなスカイウォークというものが、檻とかをはみだして、敷地のむこうまでどんどん伸びていて、なかなか素晴らしい。
きっと多摩モノレールに乗り入れているのだと思う。今度はぜひみてみたい。

そんなことより、地味だけどよかったのがモグラを展示している館。彼らの生活を観察するために、エアーシューターの通信網みたいなものが各所にのびていて、巣から巣、エサ場へと移動する彼らを、透明なアクリルのパイプを通してみれるのです。

多摩動物公園多摩動物公園多摩動物公園

さらに、はじっこにいたのが、ものすごくちっちゃいモグラ、トウキョウトガリネズミ。北海道にしかいなくて、嶮暮帰島からつれてきたものらしい。
ちなみに、なんでそれがトウキョウ?というと、発見者が「蝦夷」を Yezo と書き、それが Yedo と間違えられ、江戸になり、それが東京になった、というものらしいです。

ほんと、小指のさきっぽぐらいのちっこい動物です。みていてあきません!

多摩動物公園