スターバックスのCMのSmoke on the Water (Fiesta Songs / Cenor Coconut And His Orchestra)

さいきんテレビで流れている、スターバックスの缶コーヒーのコマーシャル。
ディープ・パープルの Smoke on the Water を、ラテン風に演奏した曲が流れている。

fiesta

「おっ」と思ったかたも多いとおもうが、誰が演奏してるのかとか出てないのでご紹介。

チリの「セニョール・ココナッツ」というラテン音楽バンドです。フィエスタ・ソングス (Fiesta Songs) っていうアルバムに入ってます。
ほかにも、マイケル・ジャクソンの Beat It! とか、シャーデーの Smooth Operator とか、いろんな曲のカバーが入ってます。ちょっと面白い一枚。ぜひ聴いてみてください。

と、ベタなアフィリエート小銭稼ぎブログっぽいことをわざと書いてみたけど、Senor Coconuts はフツーの「ラテン音楽バンド」ではない。
Atom Heart ことウーヴェ・シュミット (Uve Schmidt) というドイツ人が一人でサンプラー駆使してやってる、バンドのシミュレーションみたいなものだ。
(でもライブではほんとにフルバンドでやってるので、シミュレーションのまたシミュレーションみたいなことになっている)

Fiesta Songs にはほかに、なんとジャン・ミッシェル・ジャールの Oxygene IIのラテン風カバーという飛んでもないものも入ってます。でもこれ、原曲がすでに、前衛(当時)シンセ音楽のくせにマンボっぽいので、先祖帰りかもしれない。

ほかにも、クラフトワークのカバーアルバムとかYMOのカバーアルバムとかも出してるので、好事家ならぜひどうぞ。
で、良ければ、さらに名盤中の名盤 Pop Artificielle に進んでください。最近再発されたみたいです。

おっと、ニューアルバムが出てた。ボッサの名曲Corcovadoはさておき、EurythmicsのSweet Dreams, TELEXのMoscow Discow, PrinceのKissなんかもやってるんだね。