読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't Stop the Night / Momus

Momusの1989年のアルバム。

モーマスは4ADレーベルから、ネオアコだのポップだのいろんな音楽を、イギリス人らしく、すこしおちゃらけ、かつ少し屈折した感じに、ややテキトーにいろいろ出していたひとだが、このアルバムは全曲打ち込み系。

 

 

 

たぶんそれなりに聴ける曲はシングルカットもされたThe Hairstyle Of The Devilで、マイナー調のコード進行はまさに一昔まえの東京歌謡曲。B級のPet Shop Boysみたいな一枚です。アルバムタイトルからしてドントストップザナイトだし。

この曲はいま入手できるものはアコースティックなアレンジのものだが、本アルバムのは、そのへんに転がっていた DX-9 とか JX-8P とか TR-505 でぱぱっと打ち込んで、オマケにイントロに Simmons SDS-9 のタムもズーンと入れて、で、できたできたーとスタジオ散らかしっぱなしでそのまま六本木に飲みにいったようなテキトー感がかえって良い。

そう、このひと Momus って、一時期東京にも住んでいて、このアルバムの1989年ごろってまさにバブル最盛期。BMW の E30 の 320i がきちんと六本木カローラで、Mercedes-Benz の W201 の 190Eがきちんと赤坂サニーだった、なつかしき正しき時代だ。
トーキョー在住の遊び人ガイジンとしてのモーマス氏は、いろいろ女の子相手に悪遊びしてたようで、お前さすがにそーいうことしちゃダメだろ的な話を間接か間間接ぐらいにいくつか聞いた気もするけど、もうわすれた。

というわけで、ファンタもいいけどチェリオもいいじゃないか、バヤリースとはいわずプラッシーにも光をあてていきたい、そんな80年代後期打ち込みポップ好みの通人にはちょっとおすすめしてもよい一枚。