恋人岬

さらに135号を南へ。ネタ度の緯度も南下してまいります。
だれが名付けた恋人岬。

恋人岬

素敵なおみやげ屋の店内は、素敵な愛の世界。もう何もいうことはないラヴで満たされています。
女の子に手をひかれて こういうところにうかつに入ってしまうような人は、その後の旅程にてワゴンRの後部座席でうっかり彼女に命中、気づくと玉姫殿のゴンドラに乗っているという、幸せな人生を送ることでしょう。

恋人岬恋人岬恋人岬恋人岬恋人岬恋人岬恋人岬

そこから岬に向かうと、ちょっときれいな木造の小径ができていて、

恋人岬恋人岬

鐘なども鳴らせます。あなーたーー

恋人岬恋人岬