鉄道博物館 ヒストリー・ゾーン

鉄道博物館

自慢の巨大HOレイアウトは案外僕もこどもたちもそんなにはどうでもよくて、3分ぐらいでパス。

鉄道博物館鉄道博物館

ベタではあるが、転車台を中心として各種車両を展示しまくりの、この鉄道博物館のメイン展示、ヒストリー・ゾーンである。
うわあ来ている、なのであるが、気をおちつけて、まずは2Fの文化展示まわりから片付けていく。

鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館

車両運搬車に載ってるのが、ぜんぶアルブレヒト・ゲイツ氏デザインの初代日産シルビアだったりするのも、なんとも泣けるじゃないですか。

鉄道博物館鉄道博物館

つまんないー、やすみたいよーという娘にこたえて(気の毒になあ)、ちょっとカフェテリアへ。

テーブルに描いてあるのもダイヤだったりする。
というか店名がTDというのは食堂車のアレのようである。お店の看板に、店名のTDを中心に編成記号っぽいのが書いてあるのが相当やばく、重症感がある。

鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館

車両展示。いきなり国鉄101系とか、泣ける。

(さっき国電なんかうんこだと言っていたのは忘れよう)
手回しブレーキのある運転台、工夫のない平面グラス三枚の正面。

むかしは電車にクーラーなんてものはどこにもなかった。この網目のあらい見上げる扇風機、まんなかのJNRマーク、なにもかも懐かしい。
(そのうち、103系に3両だけクーラーが着いてる編成が登場したりして、国鉄は徐々にクーラーが設置されていったが、地下鉄は当時「原理的に地下鉄車両にクーラーを付けることは難しい」と言われ、ずいぶん冷遇(暑遇かな)されたままだったものだ)

ドアのガラス窓は、もっと平面度の低い、むこうが歪んで見える代物だった気がする。
で、当時は、山手線や総武線、中央線クラスだと、ラッシュの乗客の圧力で、しばしばこのガラスが外に向けてパリンと割れたものだ。
そんな割れた扉ガラスに、一時的にはめ込むための専用ベニヤ板というものも各駅のホームに用意してあった。
ベニヤを窓に仮はめした101系とか103系というのは、3週間に2回ぐらいは見かけるレベルの、特にそうめずらしいモノではなかった。そんな昭和40年代の都心。

鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館
鉄道博物館鉄道博物館
鉄道博物館鉄道博物館

あと個人的にツボにくらったのが、ボンネットの181系「とき」。祖母の家が新潟にあったので、こどものころこれに乗って新潟に行っていた。
小汚い上野駅から乗るわけだが、なぜだかわからないが、おっさんがホームから線路にシャーシャー小便をしているというのが当時の上野駅の標準的な風景だった。ああ上野に来たなあという、とくにマイナスですらないイメージ。
車内の売り子のディスプレイは、プラのお茶に冷凍みかん、あと笹団子という、なかなか完璧な時代考証。

鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館鉄道博物館

もう説明するのがつかれました…あとはお楽しみください。
しかしここは、こどもを連れてくるとかじゃなくて、その筋の人と同行者を厳選して、平日休みをとってじっくり大人どうしで訪れるのがよい気がした。うん。こんどそうしよう。って俺にそういう友達っていたっけな…

鉄道博物館鉄道博物館

食堂には賄い丼「ハチクマライス」ってのがありました。
あとトレインシミュレータのたぐいは、D51のは整理券が必要だったり(ちなみに向谷実プロデュース)、時間には余裕をみて。
このへんもふくめ、やはりいずれ平日にきたほうがいい。

鉄道博物館

そんなわけで、終わったのは閉館時間の18:00近く。すっかり空は秋の夕暮れになっていた。
ああ面白かった。
ちなみに子どもたちはずいぶん退屈そうにしていた。気の毒に。ははは、ざまあみろ! (笑)