薪窯パン工房 木の葉 (青梅)

http://www.konohapan.jp/

東京ウエスト 五感が喜ぶパン工房(木の葉)から。

こどもたちを学校に送り出したあと、

奥さんと青梅までパンをたべにいってみる。

時間的にブランチになった。

街道から森のなかに分け入っていき、

雨上がりの森のみどりの香りが馥郁たる感じ。

さらに脇道に入っていくとある。たいへん素敵だ。

木の葉

とても開放的。店内は 2x4 住宅にあるような木の香りでいっぱい。

でもって、焼き上がりのパンの香りでもいっぱい。

すっかり腹が減っていたので、パンと木の香りが渾然一体となってしまい、

もうそのへんの柱にかぶりついて食べたくなるほど。

木の葉

木の葉

このお店は11:00開店。パン売り場のほうは、まだまだこれから焼き上がって

くるのでお楽しみ。というかんじ。いろいろ買いたいなら午後1~2時ごろがよいそうだ。

木の葉

店の入り口にある窯。

木の葉

パン4種に、トッピングを4種ずつ、あとスープ。というセットを二種類たのむ。

そんなわけで8つのトッピングがならんだ。

  • サラミスプレッド(サラミと卵とピクルスのスプレッド)

  • いちごのバター(苺と蜂蜜の発酵バター)

  • きのこのハーブソース漬け(季節のきのこのマリネ)

  • にんにくとあさつきのトプフェン (ガーリック風味のトプフェン)

  • キュンメルブラーテン (豚バラペーストとキャラウェイのスプレッド)

  • ハーブトプフェン (4種のハーブ入りトプフェン)

  • なすとドライトマトのスプレッド (焼き茄子とドライトマト ガーリック風味)

  • りんごとホースラディッシュのトプフェン (洋わさび入りのトプフェンにりんごピューレ)

木の葉

特にいちごの発酵バター、刻み卵とピクルスのサラミスプレッドもよかったし、

りんごとホースラディッシュのは、リンゴにわさびという、

甘みにわさびの辛みというのが意外な旨さ。

さらに豚バラベーストにキャラウェイのスパイスが効いたのを

田舎風黒パンに載せると、これは満足のうまさ!

かなり森のなかで、公共交通機関だとどうやって行ったものか

見当もつかないが、

時間と空間を自由と満足のためにつかえるならぜひおすすめ。

空間を時間によって征服することが自動車の使命である

(アンドレ・シトローエン)