GAME / Perfume

おととい届いていた。僕のかった初回限定版は、もう早くも入手困難で、1万円ぐらいのプライスタグを付けてるところもあるんだな。

音はもうほとんど cupsule 互換で、Buggles や、Erasure と New Order を足してもっとシャープにしたような、たしかに全曲がシングルカットというほどではないけれど、そんなに埋め草とか捨て曲というものはなく、迷いなく作っていて、良い意味で全部おなじなのでよろしい。
デジタルというか角の立った矩形波バリバリで、ハイパス、バンドパスな例の音でいっぱい。もしこの人に往年のビリビリテクノの名シンセ PPG Wave 2.2〜2.3 あたりを渡したら、一体どんなものをこしらえてしまうんだろう、相当いいかも。

歌詞もあいかわらずあまり主張がなく、そんなに体温がない感じで、これもよろしい。

いやーしかしいい時代になったな。日本も捨てたもんじゃない。

しかしこのGAME (初回限定版)のジャケットは、やはり Optron/Optrum あたりの先端オルタネイティブ・ネタを引っ張ってきているのだろうか。