Mac OS X Leopardでの CVSEDITOR, SVN_EDITOR

なんか:かんがえて-4: OS Xでの$CVSEDITOR

OS Xコマンドラインcvsを使っていると、環境変数CVSEDITORに設定するいいものがない。
まあviとかemacs -nwでいいわけだけど、端末に日本語とか打ちたくない。
そりゃOS XにはGUIな各種エディタがあるのだけれど、 Cocoaなアプリというのは起動するや否やさくっとfork(といっていいのかわからないが)してしまうので、 CVSEDITORの終了を待って、渡されたテンポラリファイルの中身を… という流れの処理には使えない。

たぶん Mac OS X 10.5 Leopard からだと思いますが、ずばりこれを解決するオプションが open(1) に追加されてました。

-W Causes open to wait until the applications it opens (or that were

already open) have exited. Use with the -n flag to allow open to

function as an appropriate app for the $EDITOR environment variable.

だから

export CVSEDITOR='open -W -n'

export SVN_EDITOR='open -W -n'

とかしとけばかなり快適。

もはやこの際こうしちゃってもいいかも。

export EDITOR='open -W -n'