スカイラインGT-R発祥の地

スカイラインGT-R発祥の地ダイヤモンドシティ(現イオンなんとか)はもともと日産自動車の村山工場があったところで、レーシングカーのテストコースすらあった敷地だから、小振りな空港ぐらいならつくれそうなほど、おっそろしく広い。
四十数年前、カー・グラフィック創刊号で小林彰太郎が自らメルセデス・ベンツ300SLをテストしたのもここですね。当時はまだ谷田部すらなかった。

そんな経緯で、脇には「プリンスの丘公園」(村山の日産の前身はプリンス自動車(その前は中島飛行機))というのがあり、「スカイラインGT-R発祥の地」という碑もあるので、こどもたちの息抜きついでにちょっと寄ってみる。
ちなみに荻窪工場の跡地には「ペンシルロケット記念碑」とかもあるよ。

しかし現物をみてみると、なんというか、

スカイラインGT-R発祥の地

パースが変すぎるよこれ!誰これ描いたの!池沢さとし?