また那須

朝になったらあたりはうっすら雪で白い。
宿を出ようとしたら、クルマのワイパーもすっかりコチンコチンだ。

C5のワイパーはコンシールドタイプで、凍らないように立てておくというのが簡単にできない。
なんか押しながらエンジンを切ると、ワイパーが12時の角度に移動して、それを引っ張って立てるという手順になり、面倒くさい。というか、そもそも翌朝にワイパーが凍らないよう立てておくという考察を前日にできるほど頭のデキもよくないけど。
後期型はコンシールドタイプじゃなくなって、いきなり引っ張ってワイパーを立てられるようになっていた気がする。実用的な改善だ。
昨日断念した殺生石へ。
九尾の狐とか、いろんな由来や伝話が碑に書いてあるのだが、いまいち意味がよくわからない不条理な話ばかりで、おもしろい。
100_3000.JPG100_3001.JPG100_3002.JPG

さらに車で登って、吊り橋があったのだが、俺は高いところが苦手なので、さらに風も吹いてきたりして、怖いのなんの。三分の一ぐらいのところで「ゴメン、怖い!」と断念。
まあ僕は変に理屈をこねて強がったりしないので、いいお父さんではあるだろう。
100_3011.JPG100_3012.JPG

そのあと茶臼岳への観光道路に臨むが、途中でもう雪でスリップして進まなくなり、さすがにやばいので、そろそろと引き返す。
ふもとで、いちおう持ってきたネットをタイヤに付けようとおもったが、めんどくさいのでやーめた。

しばらくして気付いたが、スリップするのでスノーモードにしようと、ATの下の「S」ボタンを押していたのだが、これは「スポーツ」ボタンであって、そりゃ余計にスリップするだろうとよ。スノーモードは雪の結晶のマークのボタンだった。

南ヶ丘牧場南ヶ丘牧場南ヶ丘牧場

南ヶ丘牧場へ。前にここに来たのは十年前で、息子はまだ1歳ちょっと、娘はまだ奥さんのおなかのなかだった。
息子は釣った鱒がぴちぴち跳ねるのが怖くて泣いていたのだが、いまはもちろんそんなことはなく、9歳の娘が釣った鱒に、塩を振ってもらって、焼いてみんなで食う。
さらにジンギスカンなど喰らう。