W53S + LISMO (au Music Port)

iPodのない通勤はつらいので、先日買ったW53Sの音楽機能をためしてみた。

まずParallels Desktopでいろいろ試したが、W53S USBドライバは認識されたものの、どうにもau Music Port (LISMOにおけるiTunesみたいなソフト)とW53Sとの通信ができない。Parallelsではau Music Portやっぱダメでした、みたいな声もいろいろあるようで、今度はWindowsマシンを立ち上げてトライ。あーめんどくさい。

以前家族のW43CAで試したときは、au Music Portはmp3もAAC (m4a)も、「ファイルの追加」というものが一切できない代物だったのだが、いまは AAC (m4a) なら追加できるようだ。でも mp3 はできないんだけどね。恣意的な、すごく気分的なモノだろうか。
au Music PortやLISMOは、発想や当初の気合いはがんばっていると思うが、どうにも島国ニッポンのデジタル音楽事情のアレコレとの調整のあげく、ヘタレ感がただよってしまっているのがつらいところだ。Windows版しかないしね。

そうこうして、au Music Portにファイルを追加し、さらに何やら変換がかかって、さらにケータイに転送して、やっとできました。
聴いてみると、通勤でヘッドフォンで聴くぶんには充分いいじゃないの。操作性は、別の機能を使っているときはいちどそれを中断してミュージックプレイヤーに戻して音量調整、とかまどろっこしいが、W53Sでそれを言ってもしょうがないだろう。ここを便利に使いたいなら音楽向けケータイを選んだほうがいいし、W53Sはシンプルなままでいい。ギャップレス再生ができないのが残念だが、でも試しにBREWゲームを動かしてみたら、へんに途切れずにBGMが鳴ってるので感心。

たいして容量はないので、とりあえずアルバム2枚強程度しか入れていない。
MAGMAのM.D.K.(Mekanïk Destruktïw Kommandöh)とPerfumeポリリズム。困った中年そのものだ。

Mekanik Destruktiw Kommandohポリリズム