New Wave / Nouvelle Vague

New WaveNouvelle Vagueによるコンピレアルバム。

Nouvelle Vagueはフランスの女の子3人が中心のグループ。ヌーヴェル・バーグはフランス語でnew waveのことだよね、というぐらいで、往年のニュー・ウェーブ全盛期の名曲を、実に必殺中年殺しの選曲でカバーしまくるひとたち。これまでの2枚のアルバム、Bande a Part,Nouvelle Vagueともたいへん気に入って愛聴しまくった。

今回のこのアルバムは、そんな彼女らが選んだ2枚組。Nouvelle VagueはNew Waveの曲をカバーするバンドだが、このアルバムは、New Waveのバンドたちがかつて出していたカバー曲、をあつめたもの(わかりますか?)。
リストは以下のとおり。いきなり一曲目から、Silicon TeensのYou Really Got Meですよもう。Silicon Teensを知らない人は東京に一千万人ぐらいいそうだが、Muteレーベルの親分というかプロデューサーであるDaniel Miller御大の、若きころのひとりバンドです。しょうもないビリビリピコピコなオケで、ダニエル・ミラー先生が「ゆりりがみー」とか唄うのは、まさに女王陛下からシリコン・エイジへの贈り物、の包み紙、というやつで、たまりません。

ほかにもDevoのSatisfaction,スネークフィンガーのThe Model,OMD, アンテナ, Honemoon Killers, ゲイリー・ニューマン, Telex, Flying Lizards,Visageと、バブルとニュー・ウェーブの80年代に青春を過ごした中年どもには、流れる鼻血が止まらない仕様となっております。ストラングラーズがディオンヌ・ワーウィックのWalk On Byを演っているのもなかなか良い。最後を締めるのはJoy DivisionのSister Rayであります!
このへんって当時買ったアナログ・レコードでしか持ってない人も多いでしょうから、手頃な聴き直しという意味でもこのCD, おすすめであります。

You Really Got Me Silicon Teens
Mother's Little Helper Polyphonic Size
Satisfaction (I Can't Get Me No) Devo
If You Want Me To Stay Ronny
Waiting For The Man Orchestral Manoeuvres In The Dark
Running Away Paul Haig
The Boy From Ipanema Antena
Je Suis Venue Te Dire Que Je M'en Vais. Jo Lemaire & Flouze
Route Nationale 7 The Honeymoon Killers
The Model Snakefinger
Jet Boy Jet Girl Elton Motello
Walk On By Stranglers
On Broadway Gary Numan
Move On Up The Flying Lizards
Dance To The Music Telex
Summer In The City Comateens
In The Year 2525 Visage
People Are Strange Karel Fialka
I Heard It Through The Grapevine The Slits
Reflections The Original Mirrors
Fame Duran Duran
Heroes Nico
Arnold Layne Étienne Daho
Sister Ray Joy Division