読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Michelin Energy XM1

car

先日交換したタイヤ。

うちのCitroën C5 Breakが出荷時に履いていたのは本国製のMichelin MXT Greenで、そのあとオカモト・ミシュランなMichelin Pilot Primacyに履き替えた。これは、常識的な実用の乗用車用タイヤという範疇ではかなりよいもので、低速の都市部でも、中速の裏道や郊外でも、てきぱきとした長距離巡航でも、とても良い印象を持った。コシのあるアルデンテのパスタを、口にふくんで、噛んで、おぉいいね、というような気持ちよさを、食感や味覚のかわりに、腰と取り回しと指先で味わえるものだった。

そんなパイロット・プライマシーがパンクしてしまって、ちょっと急なタイヤ交換の出費になったので、お値段控えめで選んだのが同じくMichelin Energy XM1.純正タイヤと同じミシュランだし、そもそもミシュラン家は長年シトロエン筆頭株主だったし、気分的にもベストマッチだ。

しかし、履き替えてあれこれ走ってみると、やっぱこれ廉価ゾーンのタイヤだった。
新品のゴムに、空気がきちんといっぱい詰まっているんだねー。という下ろしたての良さはあるけど、いつもなんとなくブヨブヨ感が感じられ、落ち着きとかコシがない。
どんぶらこの油気圧サスペンションのシトロエンに乗っているくせにお前は何を言っているんだ、といわれるかもしれないが、ぬめりフワっと地上を滑空するような味はあくまでもサスペンションが出す役割であって、タイヤはその下でしゃっきりしていてほしい。
さすがにもうちょっとケチらずにモノを買うべきだった。失敗。

Tire店は東八通りにあるミスタータイヤマンプジョーシトロエンを持ち込んでも、ちゃんとホイールバランスをとってくれるのがありがたい。こじんまりとしたアットホームなところで、ちっこい犬とおばさんが迎えてくれる。
アットホームなんだけど、入ってみるとわかるとおり、いじった106とかルノー・スポールとかがきっちり置いてあって、店内にもかなりツボなCGバックナンバーやエンスーなミニカーが並んでいたり、そういう感じだ。

Tire