Richard Pinhas Band @ Star Pine's Cafe

UくんとSさんと。吉祥寺の Star Pine's Cafe.フロント・アクトは Merzbow こと秋田昌美
メルツバウを見聞きするのははじめて。
全身を揺さぶる激しい轟音ノイズ体験に、最初はおお、キターと感激したが、さすがに数分経つと飽きてしまった。さすがにメリハリなく、生理的つか医学的に限界に近い轟音ノイズをひたすら延々と浴びているとちょっと厳しいな。まあ話のタネというか人生勉強として一度は体験してみるのはいいだろう。しかしすっかり耳をやられてしまって、会話が困難に。

小休憩のあと、元HELDONのRichard Pinhas登場。初来日らしい。
不勉強でリシャール・ピナスとかエルドンは聴いたことなくて。
背景に延々とながれるビデオがかなり良い。たいへん勉強・刺激になった。
ずっと持続系のインプロビゼーションだったけど、20分経過めぐらいからシーケンスがはじまって、ドラムが入ってきたあたりは、相当かなりの高揚感を感じて、たいへん満足した。
今回のドラムはAntoine Paganottiで、つまり現在のMAGMAのコーラス・ヴォーカル担当のパガノッティ兄妹のおにいさん。この人がドラムもいけるとは知らなかった。良かった。
1曲目が40分ほど? また小休憩のあと、2曲目からはまた秋田昌美も加わって4名体制で。ちょっとノイズパフォーマンスがでかすぎてどうかな。SFHのFさんは、また別の人と組む明日12/2のほうに行くほうで、そっちが正解かもしれない。さすがだ。というかおとといの池袋はHさんがいったそうで、なんか連日知り合いが行っていて、どうもすごいなあ。

3人でいろいろ密談しつつ飯。そのまま吉祥寺から歩いて帰宅。

秋田昌美のコンソール。奥にあるのは EMS の Synthi A (おお!)