E.T.

E.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版前回見たのは封切りのときで、まだ女の子と二人で映画館なんか行ったことないよ、というぐらいの中学生のころ。
それからこちらもずいぶん大人になったので、かえって当時よりも素直に楽しんで観ることができた。

あまりよく知らず観たのだが、これは「E.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版」というやつで、新規にCGで作り直したシーンとか修正を加えたものらしく、エリオットがはじめて懐中電灯でE.T.と出会うシーンなどなんかどうもコレCGくさいなあと思ったがやっぱりそうらしい。

まだちっちゃいドリュー・バリモアもかわいい。


少年たちがBMXで警察やNASAの追っ手をケムに巻くところとか、この映画の大きなターゲットである少年少女を「やったぜ! 僕らにもできる!」(という気分にさせる)あたり、上手に作ってあるなあと思った。中学生のときにもこのシーンで全く同じことを思ったことも思い出した。