今日の笑点は最高

Trunk◆Mart - 今日の笑点は最高

僕はかれこれ 38 年生きてきて、いままで誰かが亡くなっていちばん悲しかったのは、先代の笑点司会者の三波伸介さんの訃報のときだ。その悲しみは、司会者が円楽に交代して以降、さらにふつふつと深いものになっていった。

いまでも、誰かの死にふれたとき (無論実父とかも含めて)、「これは、三波伸介さんのと比べて、どうだ?」と反射的に自問自答する習慣がついている。