死ぬかと思ったH / 田中 圭一

林雄司さんの名コーナー、死ぬかと思ったのマンガ化。田中圭一なので非常に下品。下品はいいのだが、単行本として連続して読んでいると、さすがに、薬味だけをひたすら食べさせられているような感じでちょっともたれる。

というか、あれはあのそっけないデザインと抑制した投稿文、抜けたタイトルの組み合わせだからじわじわとボディーブローでしみじみとおかしいものなので、漫画化というメディアリッチ方面にいってしまったら、やっぱり面白くなかった。田中圭一が悪いというわけじゃない。 

死ぬかと思ったH

死ぬかと思ったH