Synergy

Synergy

これは便利すぎる。ソフトウェアで実装した KM スイッチ(KVM: Keyboard, Video, Mouse スイッチ、じゃなくて、Keyboard & Mouse)とでも言うべきか、つまりたとえば、手元に OS X マシンがあって、奥に Windows マシンが置いてある、という状況で、(手元の OS X の)マウスポインタを画面の右端を越えて動かすと、マウスポインタはそのまま Windows マシンに入り、キーボード入力も Windows に入る。というもの。MakionLog: MACとWINでマウス・キーボード・クリップボードを共有に解説がある(ちょっと、というか、かなり内容がヌルいが)。

私は OS X で Synergy のサーバ (操作するほう、乗っとるほう)、Windows XP Home でクライアント (乗っとられるほう) を動かしてみた。クライアント側を Windows 起動時に動かす(Windows サービスとして動かすということなのだろう)よう設定して一度リブートしまえば、ログオン画面レベルから OS X で操作できる。

机の上に PowerBook を置いてしまうと、奥の Windows マシンのキーボードやマウスを操作するのはかったるくて、もう Windows で動いている IE に URL を入れるのもかったるい、いつも irc 経由で Windows に URL を送り込んでそれをクリック、とかしていたぐらいなので、もう Windows 側のキーボードとマウスは窓から捨ててしまおうかという勢いだ。

マウスイベントとキーイベントをナニするだけなので、当然動作は軽い軽い。

OS X の alt (option) キーが、Windows 側では Win キーになるようだ。ただ Win キーとは言っても、Win キー (つまり OS X の option キー)を押すとスタートメニューがポップアップする、というだけで、Win-R とか Win-D とかの便利なキーバインドは使えない。このへんのモディファイヤをどう変換するかは、まぁ設定はできるようだ。

ファンクションキーも渡せないようだ。ただ Command (Apple) キーが Windows の Alt になるようなので、Command ひと押しで Windows のメニューバーがアクティブになったり、Command-F X でアプリ終了とかいける。

Ctrl-Alt-Del も渡せない。ただ Ctrl-Alt-Pause で Ctrl-Alt-Del をエミュレートしたものを送信できるとある。PowerBook には Pause がついてないわけだが。外付けキーボードつければ送れるのかな。

JIS キーボードに対応してないそうだが、そんなものは知らね。

クリップボード共有。Windows でコピーした任意のテキスト文字列はOS X に持ってこれる。OS X でコピーした文字列は、英数字のみをコピーした場合だけ Windows にペーストできるようだ。日本語をコピーしても Windows 側のクリップボードはからっぽだ。テキスト以上のものはコピペできないようだ。まぁ URL のやりとりができてラッキー程度の感じか。

痛いのが、ワンボタンマウスな OS X からは、Windows の右クリックをできないこと。Ctrl-Click で右クリックをエミュレート、とかいうのはよくある芸風なのだが、この手の右クリエミュレーションが何もない。おまけにファンクションキーも送れないから、Windows の Shift+F11 で右クリック効果、の手も使えない。タスクトレイのアイコンに対する操作などが一切できないことになる。

「Windows における Alt-Tab でタスク切り替え」ができない。Command-Tab を押すと OS X 側のタスク切り替えになってしまう。Alt-Tab は、Alt が Win キーとして送り込まれるのでダメ。(モディファイヤ定義を変えればいけるかもしれないが)また、Command-Tab を使ってしまうと、マウスは Windows を制御したままなのに、キーボードは OS X にフォーカスするというへんな状態になる。

とまぁいろいろ書いたけれど、基本的にかなり便利なものであることに違いはない。Windows, OS X, 一般 UNIX で利用できる。GPL.