Mr. インクレディブル

Mr. インクレディブル

きょうが公開初日ということで、さっそく見てきた。Pixar ブランドに間違いがあろうはずもなく、当然ながら大変おもしろかった。すこぶる満足。アメコミ 100% というよりも、音楽や設定などに、微妙にむかしの 007 シリーズあたりのクラシックな、ダサゴージャスなテイストがまざっているのが実にいい。

併映の「バウンディン」は初見。おれはここ数年 SIGGRAPH に行っていないのだなぁという思いを新たにする。

おしまいの Thanks にはいままでの Sun Microsystems はなく、かわりに Intel があった。SPARC ベースの RenderFarm はさすがにもうないのかな。

おわりの NG 集は今回はなかった。また、Pixar 内輪ネタはひとつも気づかなかった。マントが伏線になってなかったのは、わざとかな?