AirMac Extreme

結局 AirMac Extreme も買ってしまった。これでは信者の道まっしぐらである。

USB プリンタは AirMac Extreme に差しなおして、Windows, OS X から共有。

んでもって、やっと AirMac Express の WDS が動くようになった。ただ WDS によるワイヤレスネットワーク拡張を使うには、WPA とか使えず、WEP しか使えないのが残念。これは AirMac Express / Extreme がタコなのか、もともとそういうものなのか、よくわからない。

オーディオの飛ばしは、とりあえず飽きた。居間のオーディオにつなっぱなしにしたいところだが、うちのオーディオの AUX 入力端子は操作パネルの前面にあるので、つなぎっぱなしにしておくと線が手前にはしたなく出てしまって、みっともない。ちょっと考えよう。

これで、涼しいバルコニーでも快適にハックできるようになった。公園の森を見下ろしつつ、一服しつつ、酒もたのしみつつ、無線。極楽。ベランダ用のテーブルとイスも欲しくなってきたぞ。

AirStation G54 は、明日売っぱらう。

packing

Apple 製品は、包装を開けて出すときのパッキングのデザインや作りが、いつも、にくいよこの、ど根性ガエル! というぐらい良くできているのだが、AirMac Extreme は単に紙箱に入っているだけで、なんか非常にイマイチだ。

AirMac Express ですら、買った喜びを反芻できる包装になっているぞ。

もっとも、AirStation G54 と AirMac Extreme,どっちが商品としての包装の魅力があるかというと、これはもう Nutshell Handbook とアサヒ芸能を比べているようなもので、残酷というより他はない。

とはいえ、「じゃあスカした箱にすりゃ客はエアステーション買ってくれるのか!」と言われたら、それもごもっとも。