テレビゲームとデジタル科学展

テレビゲームとデジタル科学展

上野の東京科学博物館。きのう息子といってきた。

前半は ENIAC の 10進メモリやら、ETL Mark III やら、PONG 試作機やら、オスボーンやら Alto やら、初代ベーシックマスターに MZ-80K に、かなり満足おなかいっぱい。万難を排して行くべし。

後半はひたすらゲームで、アーケード、家庭用含め大昔からのゲーム機が展示してあるのだが、どうにもゲームに基本的に興味のない私は、どっちかというと眠くなった。

東京科学博物館を常設展、テレビゲームとデジタル科学展ふくめ見てみて、息子が一番感銘を受けたものは恐竜の骨だそうで、ある意味ちょっと安心。