SOLARIS

タルコフスキー「惑星ソラリス」の、リメイク。思っていたよりもよかった。しっとりと落ち着いた良作。ジョージ・クルーニーもナターシャ・マケルホーン(「RONIN」のディアドラ)もなかなかいい。セットもなかなか。音楽も昔のタンジェリン・ドリームを彷彿とさせる良い出来(ちなみに例のバッハの BWV639「我は主の名を呼ぶ」は使われていない)。これは映画館で見ておいたほうがいい映画だったなぁ。

ソラリス<特別編> [DVD]

ソラリス<特別編> [DVD]

 
惑星ソラリス HDマスター [DVD]

惑星ソラリス HDマスター [DVD]

 

追記

この映画に「SF映画」「ロシア文学」「スペクタクル」といったものを期待して観るとあまり満たされないとおもう。もちろんそういった要素も充分含んでいるのだが、このリメイクされた「ソラリス」の核は「恋愛」だ。奇妙な味の大人の恋愛映画といっていい。そういう意味では、ロアルド・ダールの小説とか、極論すれば吉行淳之介の文学とか、そういった趣向に沿って観賞していただきたい。楽しんでいただきたい。

僕にとっては、定期的に思い出して観る「いつもそばに置いておく一本」になっている。