Macintosh 20周年

  • HyperCard 2.4
  • 根強い人気をもつアップルの「ハイパーカード」
  • アップルコンピュータ、NeXT社を買収
  • Bill Atkinson

    Bill Atkinsonが今は自然写真家で、というかもともと自然写真家だった、ということをはじめて知る。

    Bill Atkinson を知らない人がいるとは思えないが、初代 128k Macintosh の 68000 アセンブラ 64K ROMに含まれたオリジナル QuickDraw、あとMacPaint, そして HyperCard の作者だ。

    せいぜい PC-8801 で XOR 描画だの、割り込み禁止にしてからスタックポインタを VRAM 末尾にして 16 ビットレジスタで push すると一番グラフィック画面消去が早い、程度の世界までしか見えていなかった高校生の僕にとって、1984 年に、はじめて銀座オムロンショールームで 128k Macintosh,その上にある環境、そして MacPaint を見たときの衝撃は一生を変えるには充分*1だった。

    HyperCard も世界を変えたソフトウェアだった。いま言葉にすればオブジェクト指向とかイベントドリブンといったことを生まれてはじめて体験できたのがこれだ。今であれば、たとえば VisualBasic 環境のスイートなエッセンスだけを取り出したもの、などと例えることができるのかもしれないが、十数年まえに HyperCard に出会えた人間たちにとっては、HyperCard を何かに例えるという行為そのものが無意味だ。

    コンピュータ技術における Atkinson の業績と存在は、ロックの歴史における John Lennon ぐらいの重みがある。
    でもそれは、Atkinson にすれば、若かったころのちょっとしたほんの余技だったということか。感動で全身から鳥肌が引かなくて困った。


    *1:あの噂の新製品「マッキントッシュ」が置いてあったので、一瞬立ち止まって、触ってみた。ぐらいのつもりだったのだが、あっという間に8時間が過ぎていた